FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1124】初亀 特別純米 かすみさけ 30BY

  0   0


そこそこの静岡吟醸好きを自負してるのですが、おそらく初亀はブログ登場は初めてじゃないか?

なぜかというと、飲み始めた10年くらい前にちょうど杜氏をコロコロ変えていたから。
初亀といえば故滝上秀三氏なのですが、08BYは現在志太泉の杜氏を務める西原氏でした。
ただ西原氏は1年でやめて09BYは辻村和則さんへ。
さらに現在は27BYから、もともと同じ静岡の富士正にいらした南部杜氏の八重樫次幸さんになっています。
初亀はずっと能登杜氏だったので、そのあたりもちょこっと話題になってたっけ。
ただしこんだけ変わってるといくら何でも手を出しにくいというのはわかってもらえると思います。

とはいえ飲まず嫌いもダメなわけで、飲んでおかないとなと。
今回はかすみさけを選びましたが、ハイクラスも1本くらいやりたいですね。
何がいいのかな、亀は飲んだことあったはずだけど、游月とか瓢月とかだっけ?

スペックは富山南砺産の山田55/雄山60だって。
酵母は静岡でしょ、知らんけど。





極うっすらなかすみなので混ぜ混ぜして。

ん、これ静岡酵母じゃないかもなあ。
結構酸味があって、よく言えば松の司とか近いとこもあんだけど、ちょっと粗も目立つかなという最初の印象。

ややエキス的なバナナもあるけど、酸味もあって、ラムネっぽさもある。
あとちょっと酢エチっぽい感じで嫌なニュアンスが出るというか。

何だろうねえ、いいとこもあるんだけどな。
酸味の伸び、ある程度スイっと行く感じで、中心部はクリアーだけどミネラル的というか構造感、湧いてくる感じ。
液体的な流れ自体はスムースで、最後にピッと切れるあたりとか。
もうちょっと薄くきれいに造れば松の司とかその辺っぽいんだけどなあという感じで。

実際の味わいというとオフフレーバーかどうかは知りませんがオフフレーバー的に嫌なニュアンスが出るような。
エキスっぽいのが酸味と合わさってミカンヨーグルトみたいな味わいですかね。
ちょっとやっぱエキスっぽくて、すこしゴツっとたようなお米のコクとか、ピッとしたキレも良いんだけど。
やや鈍重でエキスっぽいのかなあ。
余韻もあんまりきれいに残る感じじゃ無いんだよなあ。

そこまで悪いお酒じゃないんだけど、なんかもうちょっとこう。
これ飲んでると松の司あらばしり飲みたくなってくる。

実はほんのすこーし味見程度にお店で飲んでいてもう少し良い印象で。
ただほんとに最後だったので、今日も味の強いものの後に含めば特に悪くもなく。
蕩けミカンで、甘みもしっかりありつつやや高めの酸、それでもふにゃふにゃっとしても腰砕けにならずラストに辛味。
悪くはないんだけど、なんか細かいとこが気になっちゃうななあ。
ほんとにちょこっとした差なんだけどねー。
なんかちょっと酢エチっぽかったり、蝋っぽかったり、あるいはビターやキレ感がくすんでたり。
酷評するようなお酒ではないんですが、タイプ的に近いのもあるから気になっちゃう。
余韻なんかもどうにもべたつくような感じというか。
明日明後日で抜けてくれていい具合になってくれればいいかなあという期待。

いちおう言っとくとそんなに粗さがししてドヤるブログじゃなくてそこそこ楽しめればいいんすけど。
そこそこは楽しめるんだけど、この辺はある程度大まかな守備範囲には入ってきちゃうだけに、差がはっきり感じられて物足りないという。
そこらへんご了承いただければ。









Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2712-4114306f