FC2ブログ

日本酒感想日誌

ピュリニー・モンラッシェ 1er シャン・ガン2006 メゾン・デュ・タストリュンヌ

  0   0



てけとーに買ってきた白ワインでも。
三越伊勢丹資本で作ってるネゴスらしいとかなんとか。







おっ、なかなかいけるぞ。
そうか、白は熟してくるとこうなるのか。

自然な甘みがあって、甘露感ありますね。
ほどほどの熟感で、薄いって感じもしないし、酸味もフレッシュさもありつつ程よく角が取れてる。
ハチミツにやナッツ、カリンとか杏、グレープフルーツやレモン、白い花。
少しほろ苦いようなミネラル感で、辛口、余韻もなかなか。

ワインは門外漢で特に白となると知らんけど。
これは悪くないなと思う。
やっぱこれくらいまで寝かせないとだめなんだ。
バターっぽいような雰囲気も出てくるし。

うん、これが高いのかは(1.6万)しらん。
あるいはフィネスとか凝縮感とか酸の感じとか知らんけど。
ふつーに飲んで旨いと思うし、飲み頃感。

なるほどねえ。
別に白ワインも長生きなだけで、熟成感はざっくりいえば日本酒とそう変わらんな。
酸味の強さ、鋭さは全く違うけどねえ、そりゃブドウからダイレクトにくるし。
旨味の表現手法も全く違う。
あとはミネラル感やともすれば還元っぽさは強く。
でも余韻なんかは日本酒の側が寄せてるのかも知らんけど、良い日本酒は似てるは似てるよねえ。
ふーん。

いや、これでもなかなか良いですね。
白もこういう感じで美味しいんだ、と思わせてくれた意味では、あれはまた違うんだけどマルセルダイス以来。
もしかしたらもう1歩ぐわっとくる凄みのあるワインもあるんだろうけど。
程よい熟感、甘さや旨さ、気持ちの良いミネラル感。
薄くないし、余韻もどう見ても良い。
良いですね~やっぱ10年熟成くらいのものを拾っていかなきゃダメなのか。
若いのしかなさすぎるんだよ。

しかし標高高い畑だけあってミネラル感は強いね~。
でもいい具合になってるわ。

でもやっぱこれバターとかチーズとか肉とかそういうのだよな、合うのが。
そりゃ今の脂とか技巧の利いた寿司とか和食は合うかもしれんけど。
普段食べる和食や料理だと物足りなさあるかもね。
いやそら日本酒よりワインが好みなら違うんだろうけど。


3日目に、あえて飲んでみても、結構うまい。
ジャンシャルトロンとは似てるとこもありつつトーンが明らかに違って。
シトラスとかそういう感じ。
あるいはめちゃフレッシュな、ある意味で香料っぽいようなブドウも出てきた。
こってり感とか凝縮感でいえば圧倒的にジャンシャルトロン。
どっちか好きかは知らん。








Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2715-49d5252f