日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

ピュリニー・モンラッシェ1erクラヴォワイヨン2006 ドメーヌ・ルフレーヴ

ワイン
  • comment0
  • trackback0

誕生日にワイン飲むとか日本酒ブロガーの風上にも置けない奴。
今月は急に白ワイン月間突入だったのでしゃーないしゃーない。






さすがに、というところなのでしょうか。
のっけから旨いですねえ。
酸味もこなれてるし、リッチさもでて、いい状態。
少し塩気かともすると鉄っぽいようなミネラルから、余韻がまたすばらしい。

素晴らしい香り。
ハチミツとかバターのような香りもあるのですが、トロピカルな果実フレーバーが感じられる気が。
立ち香の時点で、少しエレガントで繊細、細部まで決まってるなとは感じました。

含むめばミネラルしっかり、酸ももちろんピシッと。
ややビターさが強いような気もするんだけど、旨いですよね。
蜜感が香り、スローなテンポで重層的な味わい。


門外漢なので正確に差異は把握できないけど、微妙なバランス、雰囲気、オーラ。
とくにワインなんかは旨み!とか甘み!ってお酒じゃないのでその辺のなってくると思うんですよね。
テクスチャ、ストラクチャ、フィネスとかそんなよくわからん表現になってくるんだけど。
このお酒でいえば気品。
それなりに味が乗ってても、どこかスッと行けるようなとこが良いのかなあ。

うーん、糖度を感じるフルーティな香り出てくるなあ。
あとは樽系のバニラっぽい香りとかが絶妙に繊細なんでしょうね。
中盤、味は膨らむけど余韻、余韻!
飲み干すまではまだ半分といったところ。

時間がたってきても一定速度で重くなっていってピークを過ぎてくんじゃなくて。
開けたてから美味しいし、また時間がたって行って飲み進めても美味しいというのがまた良い。











関連記事
スポンサーサイト



Comments 0