日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

ピュリニー・モンラッシェ 1er クロ・ド・ラ・ムシェール2008 アンリ・ボワイヨ

ワイン
  • comment0
  • trackback0


クロ・ド・ラ・ムシェールはアンリ・ボワイヨのモノポールでレ・ペリエールのクラヴォワイヨン寄りらしいです。
モノポールっても4ヘクタール近くあるので結構広いですね。







ブドウ感ある香りですね。

酸味あるなあまだ早かった?
これもっと寝かせたら美味そう。

わりとトロピカルな香りも感じさせつつ、酸味がビシッと。
鋭いとか硬いとかいうわけでもなく角は取れてるし、全体にはむしろ結構厚みがあってリッチな雰囲気。
それでこれなんだから力のあるワインなんだろうね。
酸味は強いくてライムなんかも感じさせる雰囲気。

バニラ感や樽っぽさもいい具合に溶けつつ。
もちろんミネラル感はあるんだけど、この手の中ではそんなにビシッと強く感じなくて。
豊かさもありつつ品格もあるイメージ。

こういうのを凝縮感というか。
こーれ旨いわ。
満足度たけえ。
開いてくるくる。

明るい果実味とピュアさ。
それでいて凄く、とは言わないけどオイリーな雰囲気もある。
とげとげしてなくて、しなやか、クリーンで芳香もある酸味というか。
果実感、樽感、ちょっとしたスパイスとかハーバルな雰囲気も非常にまとまりよく。
ミネラル感も次第に、ちょうどいい具合にキリっと出る。

いやそらグランクリュとかあるいはビッグヴィンテージならもっと圧倒的な世界観で迫ってくるんだろうけど。
この価格でこれなら文句なし。
飲めば飲むほど形容は色々出てきますが、非常にバランスがいい。
蜜感とか旨味も絶妙。
うまいです。
















関連記事
スポンサーサイト



Comments 0