FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1152】宝川 超新鮮しぼりたて 純米大吟醸原酒 きたしずく 30BY

  0   0



小樽、田中酒造の超新鮮搾りたて。
去年やって以降なかなか買えていなかったけど、純大2種が出ていたので。
きたしずくと彗星。

きたしずくのほうが詰めが直近(2月25日)だからこっちからやるかな。
本当は昨日飲みたかったんだけど花粉症でばたんきゅーだったので。
北海道の酒米は吟風>きたしずく>彗星が味の出る順らしいけど実際はどうなんだろうね。
味の吟風とかキレの彗星とか。
まあきたしずくが平成26年だからいいとこどりなんだろう。

磨き35の純大です。
高価ですがそもそも磨き60の純米が3400円するので、そう考えるとむしろ安いか?





あーこっちか(笑)
一抹の不安的中で、純米系とはまったくの別ジャンル。
まさかの流行り系、香りもあるし甘みもばっちり。

とはいえ出来は悪くないですね。
間違いなく実力のある蔵。
しかし久々に飲むなあこういうの。
花陽浴とかこんな感じじゃなかったか?
いや、花陽浴ってより十四代か。
十四代は割と最近飲んでるはず。


でも良いですね。
質は非常に高い。

最初、物凄くとろっとしたテクスチャで、グラスに注いで一目瞭然なレベル。
立ち香はそこまで全開ってわけでもないけどパイン系のような甘い香り。
含むと酸を溶かした甘みとともにそれなりに強く主張するですがイチゴっぽいようなイメージかなあ。

不覚にも進んでしまう。
引っかかるところがないのとキレ感ですかねえ。
かなり思いっきり甘くそこに酸味が溶けてる系で香りもあり、少しブヨつきそうになるけどギリ耐える。
そして一呼吸おくと、しつこくないようにいい意味で水っぽさを感じる、ウォータリー。
ミルキーさ、そして軽くビターさが出てくるけど、この辺がのっぺりせずに支えて。
すーっと優しく引いていってくれる。
ミネラリーなキレも絶妙で、マスカットなんか感じさせつつ、あと引く。

キレ感が抜群に良い。
甘みも残るけど綺麗なミネラル感でしつこくなく。
優しくふわっと、お米の旨味なんかも感じさせ、極々優しくすっとミンティまでいかない清々しさと、これだけの甘口にしてはスッキリ感もでる、でも甘さも残す。
進んじゃう。

明らかに十四代リスペクトですが、めちゃめちゃよくできてます。
こないだ飲んだ七垂二十貫、にてるけどアレより進むなあ。
ぶっちゃけ十四代はもう買わんなと思っていたけど、これならまあ。
年に1本2本なら。

七垂二十貫とブラインドでやったらどっちに票が入るかな?
まあ高いですが、苦労して十四代集めてる人、どうですか?

うん、まあ僕は澤屋風の純米のが欲しかったけど……。
これはガス感はなくてグラスにつくような感じもないですね。
まあ詰めは超新鮮っていうくらいだから頑張ってるんでしょう。
実際これくらいのスイート系でも、ある種の軽さ、抜け感をくっきり感じます。

落ちついてくると、もちろん香りも甘みもあるんだけど。
まったりした味わい感と、ピッとしたキレ感が両立して、ありそうでないお酒になっています。
たとえれば流行り系がケーキだとしたら、オサレにした和スイーツか?
あんこ感もあるというか。


彗星のバリエーションに期待したいとこですがどうでしょうか。
いやでも進みますよ、やっぱキレ感が良いですね。
ミネラル感、腕もそうですが、水もいいんでしょう。


2日目。
まあ文句ないわね。
価格と、あとは新酒の分で落ち着けて11月とかに火入れで出すのの質感の違いはあるかもしれんが。
それにしてもいいとこ行ってるわ。
ウケる甘み果実味。
もちろんカプっぽい香りなんだけど、嫌みない造り。
フレッシュさを生かしたミネラリーなストラクチャとキレ。
めっちゃ実力派の蔵だと思います。


















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2773-19f90199