FC2ブログ

日本酒感想日誌

メオ・カミュゼF&S ブルゴーニュ・ブラン2005

  0   0


ふと見かけて買ってみたけどコレ飲めるのか?

高名な生産者、メオカミュゼのネゴス(ネゴシアン、買ったブドウで造った奴)です。
メオ・カミュゼ・フール・エ・スール。
さらにA.C.ブルゴーニュ(グランクリュ、プルミエクリュ、村名のさらに下のランク)。
いやメオカミュゼ自体はネゴスでも評判よろしいみたいなんですが、2005。

ワインは全然わかんないことが多くて。
1erとかグランクリュならやっと飲めるようになってきたぞってとこなんだろうけど、このランクだとどうなんだ?
ネゴスとドメーヌがどの程度違うんだとか、有名生産者の村名と普通の人の1erならどっちが良いんだとか、もーわかんないことだらけ。
何となく畑で微妙だけど明らかな差があるんだなあというのはわかってきたけど。
ヴィンテージでどの程度違うのかはちょっとまだわかってない。
そもそもメオカミュゼって赤のイメージだし。
普通に村名くらいから美味しいそうなので、次はちゃんとその辺やりましょうね。








あーなるほど。
まあまあまあ。

熟成感はしっかり、でもいい感じ。
酸味、ミネラル感も十分に。
果実味も感じるし、全然悪くないシャルドネ。

違いがあるとすれば、やっぱりちょっとシャバいくてうすぼんやりしてんのかなあ。
緩い、うんまあそうだけどそんなに緩いって程でもないから厚みや凝縮感、パワーか。
風味的にはそんなに問題ないけど、もひとつふたつリッチで強いテクスチャストラクチャが欲しいというとこでしょうか。
熟成した味わいもあるし、全く不快感なくすいすい飲めて別に物足りなさもそんなないんだけどね。
良い奴はもっと酸味とミネラルが厳しくて、その分内包するものがもっと弾力があるというかそんな感じなんでしょう。

ナッツやバターといった香りもあるし、花梨とか白い果物。
樽感か、バニラリーからともすれば少しブリュレっぽいような。
花に少しのスパイス。
ライムとか。
少し塩気に、そこまで強烈じゃないが、きちんと石てきなミネラルがそこその粒立ちで。
酸味から膨らんでくるような旨味感もあるしどうみても悪いワインではないんだけど。
やっぱり少し薄いということなのか、排気量が違うというか。
オイリー感が欲しい。
でも別にここまで引っ張っても悪くなってる感じはそんなしない。
エレガントさ、品の良さは十分にあると思いますけどね。
ちょっと薄いのか。

価格が違う(ヴィンテージの問題で今買って9000円くらいした)けど、まあその辺の日本酒よりは飲んでいて楽しいのは否めない。
例えばいつも大吟醸が飲みたいわけじゃなくて、気取らず飲める純米やお燗が欲しい日もあるから、良いワインばっか飲んでてもダメか。
やばいな、こうなると日本酒党も卒業か?
いやこれまずまず旨いような気がするんだけどなあ。
逆に2000円、5000円くらいのワインがどんな味なのか知らんから、これが高いのか安いのかわからん(笑)
2000円でこれが安定的に手に入るならいよいよヤバい。

次はこの流れでまた白でもいいんだけど赤やりたいんだよなあ。
いやあるんだけどあとは自分とのコンディションの問題。

マジで誰かワイン教えてー。
ぶっちゃけブルとか今買ってすぐ飲むなら00年代でそこそこの価格のを無条件に拾ってくしかないんだよ。
どいつもこいつも早飲みしすぎ。
もしくは買い占めすぎ。
でもさーいま2015とか2016とか買って10年以上待つって無理だろ。
実家の小屋でも改造するか?

でもアンティジェーヌ感か?
もうわっからん。









Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2799-08eae38e