FC2ブログ

日本酒感想日誌

シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ2005 ピエール・ダモワ

  0   0



未だ絶対若いけどしゃーない。
しかしいつもわからないのは、何時間前に抜いたらいいんでしょうね。
1時間前でいいという人もいれば、若いグランヴァンならもう10時間も前に開けるという人もいて困っちゃう。


シャンベルタン初めてじゃないか。
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズの最大の所有者によるクロドベーズ。

ジュヴレ・シャンベルタン村にはなんちゃら・シャンベルタンというグランクリュがたくさんありますが、シャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズは別格、と言われていうことは知っています。

その他ウンチクは割愛、だって生産者がどうのこうのとか知らんしコピペしてもしゃーないっしょ。
まあ日本酒のほうも最近は全然書いてないけど。







もちろんカシスとかチェリーとかそんな赤黒と、ドライフラワーのような香り。
素直にこれだけ感じたら臭いという人が3割くらいいそう(笑)
それくらいしっかりしたアロマです。
すこーしケモ感?、コショウなどのスパイス、スパイスが果実ととけてこうなってるのか。

いや流石にうめえなコレはw
一口のめば全然わかる
やっぱレベルが違うんだなあこのクラスは。
まだ少しの若さは感じるが、飲める。
このエレガントさと豊かさ深さよ、深い。

とろっとしてるほうかな。
蕩けるようなようなテクスチャで甘み。
なんかよく熟したブドウ使ってそうなイメージ。
チェリーとかラズベリーな赤いイメージで酸が入り、しなやかながらしっかりしたタンニン。
もっと溶けていくと凄いのかなあ。

すげえな濃いわ、濃すぎるくらい。
俺なんか全然経験がないから、こういうの飲んだ時にへたしたらブルゴーニュってわかんないかもしんない。
それでいてこの香りか~。
超高いってわけでもないし、ゴリゴリのスター生産者ですとかってわけでもないからそこまで期待してなかったが凄い。

あんまり細かい要素を上げてもしょうがないかな~。
香りがどうとか、細かいバランスがどうとか。
うまい。

香りがねーこれコショウなのかな。
少しオークもあってドライフラワーでプルーンも出てくる。
ドライフラワーの花束、ローズ。
とろっとして甘みも素直にくるけど、強くはないが酸味もしっかりあってピュアーで、しなやかなタンニンのストラクチャがしっかり。
しかし余韻の香りで一貫して統一感があり、うまい。

このアロマというかブーケというか、ほんと凄いね。
ジュヴレ・シャンベルタンって男性的みたいなことよく聞くけど妙齢の貴婦人だなあこれは。
それも明るさだけでなく影もあって、その深みがもうね。
いや、それでもジェントルマンなのか.

2014が史上最高の97点だったんだって?
15年待てるならそら最高だろうよ。
でもその前に同じ価格でこれ買ってきたほうがいいか。
ゆーて35の税くらいしたと思ったけど相場が狂ってるからなんかいいやってなっちゃう。
つーか05だし約束された勝利だったな。
こういうクラスになると美味しいとかじゃなくて、豊かな時間を過ごしたなあとそういう気分。
うーんやっぱりワインやらんとだめですねえ。

のっけから美味かった分、開いてくるとちょっと血とか酸がたってくる気はしますね。



2日目。
プライベートリザーブはしといたのですがどうか。
やっぱり旨いですね。
甘さは減ったと思いますが、それでもやっぱりまろやかさとともにあって。
昨日よりもややキリっと、ミネラル感も感じるか。
まあでも旨いわなあ。













Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2801-43506c4f