FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1164】鳥海山 吟味良香 純米吟醸 生酒 30BY

  2   0


久々に鳥海山でも。
天寿という銘柄名もありますが、花酵母でも有名だけど、色々造ってる。
なにが看板かというのがわかりにくいのがあれだし、秋田の中ではいささか地味感もあるけど、個人的には結構好ましい印象を持っている銘柄。

契約栽培秋田こまち55に吟醸酒用自社保存株。





うーん、カプ!
でも面白いですね。

そんなにムンムンでもないけど、いわゆるベリー系にクリーム感もあり、たしかにスイーツっぽい。
甘みもそんなに強くはなく、自然に脂がのったようなイメージといえばいいか。

面白いのはそこからで、かなり酸味が出て清々しさを感じさせる、1.9だもんね。
ある程度抑制されてもまだ余りある香りや甘みと良い対立関係。
清涼感とともに、嫌みない渋みを引きつれて旨さも演出している。

でもそのあたりも刺激的でなくて、非常に好ましい風合い。
生っぽい滑らかさもありつつ、全般に軽やかで、スッと行く。
全体にキリリと締まりもあり、18号のようなカプ系の嫌みが随分と抑えられているし、フィニッシュのキレ感、余韻の旨さ。


これはお見事。
なかなか無いです、こういうお酒。
自慢の自社酵母の意味あるいはテクニックなのか。
アミノ酸度ひっくいなあ。

でもそれなりにスイーツ感というかベリー&クリームなとこもあるから。
そっち系が好きな人にもいいんでない?

飲めるカプです。
好みとはちとずれますが、明らかに腕の立つ、信頼できる銘柄。
これこそもっと評価されるべき。


2日目。
やっぱそりゃ7号の惣誉の後に飲んだらカプいのよ。
でもブリブリじゃないね、ふわっと程度よ。

含んでみてもカプい。
でも甘みもうるさくないし、酸味が何ならちょっと辛いフィニッシュまで強制連行してくれるから。
少なくとも余韻まではカプカプしてないよ。
少しのクリームも感じるが基本的にはイチゴの流れ。
ジューシーな酸味と、中盤から後半で非常に軽やかさも感じる。
滑らかさ、ちょっとのしゃきっと感。

良いですよね。
ここまで好ましいジューシー感を感じさせるお酒はそう多くはない。









2 Comments

NT says...""
鳥海山、こちらもブログではあまり見ないですかね。 個人的には、5、6年前に純吟生をやって、それ以来カプNGになったという因縁の?銘柄です。 それまでは雪の茅舎とかもいけたのですが(秘伝山廃とか喜んで飲んでました)。 ただそのときは酸はあまり感じなかったので、このスペックなら大丈夫かもしれません。どこかで4GB見かけたら試してみます。
2019.03.22 17:22 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: NTさん"

こんばんは。
秋田といえばやはりNEXT5が最初に出てくるので、なかなかあまり話題にならないですね。
雪の茅舎、まんさくあたりはまだあれですが、鳥海山や飛良泉なんかはもっと話題になってもよさそうなんですが。


僕も最近はすっかりカプNGなので気持ちは痛いほど!
こないだ久しぶりに雪の茅舎も飲みましたが、美味しいとはいえ見事にカプでしたね~。
確かにこれもカプでしたが、酸が良い具合に効いていてなかなか良かったですよ。
たまにはカプでも飲んでみるかって時にチャレンジしてみて、ぜひトラウマ克服してみてください(笑)
2019.03.22 22:33 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2805-4024e860