FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1172】篠峯 櫛羅 純米吟醸 山田錦 中取り 無濾過生 29BY

  4   0


これは去年のヤツ。
これも実験で。




3/29
香りは熟してるけど、味わいはまだまだなんだなあ。
生でこれだから流石っすねえ。
まだまだ軽くてちょっとシャバいくらい。
ミネラル感とかはそういうお酒を選んでることもあるんだけど、磯自慢なんかと似ているとこもある。
甘じょっぱいような感じがあるというかね。
とにかくこれはどうなるかわからんにしろ、寝かせないとどうにも。


5/1
生は基本的にバナナ&まったりコク系になってくのだが。
やっぱりこれも基本的には。
とはいえコクのある甘ウマ感は出てるようにも感じる。

ここでこれは未開栓のものがあるので開けてみる。
まあクリアーはクリアーだよね。
これ以外と飲めちゃうな(笑)
そりゃ当たり前でロットがちげえわ。
熟感控えめで、コレで甘みが出たら最高かもね。
開けたやつは10月ロットで、元の5月のとは全然違う。


6/1
まず10月ロットから行きますが、この辺までくるとコダマチューニングくらいにはなってきたか。
生で練れていて、そこまでクセっぽくなく、エロめという。

その上で5月ロットを開けてみると前回と逆転してるというか、もうわっかんねえなコレ。
開けてる時期も違うけど、ロットで全然違うんだろうな。
こちらのほうが甘さ控えめで、そっけないくらい。
少し熟成感の出も良いんだけど、ややスッキリドライ目の分、それもはまってるのかな。
純米酒的、お燗的に飲むならこっちかな。

このお酒は寝かせが必須とは決して思いません。
新酒時期からそれはそれで楽しめるお酒です。
一方で力があるので寝かせても、深い味わいが楽しめるということなんだと思います。
たとえ生であっても老ねるとか、味が飛ぶとかそういううわけではないです。
熟成の面白さとかは味わえると思います。

篠峯は結構難しいので、これだけのお酒を出しているなら、蔵元でいい具合の奴を囲って出してくれると嬉しいなあ。
でも別にここを目指して造ってるわけでもないんですよね?










4 Comments

kt says...""
お久しぶりです!
櫛羅ですかぁ、いいですね!こだまさんでもそうですけど、これは寝かしてナンボなんでしょうか?
篠峰の方は、出たばかりで飲んでもナカナカ美味しいという印象なんですが。

ちなみに私事ではございますが、アップしていただいた29日に、43才の誕生日を迎えまして。
更に言うと、ktのkは「慶」でして。
43才の門出に、私は「来福 慶」と「津島屋外伝 四十三才の春」の飲み比べをしてしまいました!
「来福 慶」は、自分が好きな来福の愛山とは異なり、超スッキリ系ですが、食中酒として面白いし、花由来の酵母での淡麗と考えると楽しいかと。決して物足りなくもないですし。
「津島屋外伝 四十三才の春」は、正に自分好み!メロン系の旨味とマスカット系の飲み口の融合とでも言いましょうか、非常に杯が進むお酒でございました。
43才の誕生日シリーズとして、私の名前が含まれる「御慶事」の春酒(ひたち錦の生酒)を次に控えております。
以前日誌係さんでも取り上げていた御慶事で、その頃の印象はあまり良くないようで、私自身もそれほど注目していなかった(失礼!)銘柄なのですが、何だか「会津中将」「寫楽」の杜氏の方が数年前から御慶事の杜氏になっているそうで、この機会に飲んでみようかな…と。会津中将も、寫楽も結構お気に入りでして。

蔵元杜氏の蔵も増えて来ましたが、杜氏の方が色々な蔵元を渡って行くのをフォローするのも面白いかな?と思いまして。
あぁ、「杜氏の方が蔵元を渡って行く」で思い出しましたが、古伊万里の「Berori」は絶対、山の●の「Okiro」に通ずる、あの人のポリシーですよね(笑)
2019.03.31 03:12 | URL | #IQn4OT2I [edit]
日誌係 says..."Re: ktさん"

いや、櫛羅は寝かせなくても飲めると思いますよ。
篠峯はろくまるなんかが華やかめで早くから飲めるタイプ、櫛羅は出荷後~長いこと楽しめるタイプでしょうか。
これより上級の商品なんかに多いのですが、えらくシャープで寝かせてナンボ、という商品もあります。


お誕生日おめでとうございます!
津島屋の酒向杜氏と同い年って良いですね~そりゃあ〇〇才の春は毎年飲まずにはいられないでしょう(笑)
より華やかに大吟醸っぽい商品になりますが、窮めの山田錦なんか美味しかった記憶があります。


御慶事の杜氏さんの前職は知りませんでした。
それでグッと酒質が向上したんでしょうね~元会津中将、写楽となればもうそれはウデは文句なしでしょう。
来福もそうですが、最近茨城のお酒を飲んでないので久しぶりにやろうかな。

Beroriは売り方もスペックも完全にOkiroですね!
もうKさんが移籍したってことも大っぴらになったみたいで良かったです。
きっとクセのある人なんでしょうけど(笑、面白いお酒造る方なので安住の地になればいいと思っています。
こっちも久しぶりにやってみなきゃですね~。



2019.04.01 01:32 | URL | #- [edit]
kt says...""
お返事ありがとうございます!
これからは、誕生日迎えるたびに「○○才の春」確定ですね(^^;)

来福は…やっぱり、愛山が一番好きですね(汗。僕と同じ名前の杜氏さんゴメンナサイ)
茨城県のお酒は、自分もあまり飲んでませんでして。男女川(みなのがわ…ってこれで読める人いるんだろうか)と来福くらいしかまともに飲んでないので、開拓の余地はあるかと。渡舟が茨城県ってことすら知らなかったのが恥ずかしい。

まだ来福と四十三才の春を満喫してますので、御慶事の春酒飲んだらまたご報告したいと思います。
なんてったって僕の名前に「御」なんてつけてもらった上に「事」ですからね。「僕の事」みたいなものですから(爆)

「Berori」に関しては…入れてる居酒屋、どこか名乗り出てくれ!じゃなかったら、こっそりBerori買わせてくれ!(笑)
2019.04.01 02:25 | URL | #IQn4OT2I [edit]
日誌係 says..."Re: ktさん"

実は僕が大学時代茨城にいたもんで散々飲んでるんですよ!

なんですが来福があんまりハマらなくて。
悪いお酒だとは思わないですが、いい悪い別にして来福臭みたいのを感じて、それがハマらなかったんですよね。
ブログ見たら24BY以来飲んでないのでやらないとだめですね~。

男女川なんてすっごく懐かしいです、すてらってお酒だしてましたよねえ。
当時好きだったのは一品や紬美人、霧筑波、郷乃誉あたりでしょうか。
今は茨城だと一番手にくるのは結かな~。
御慶事は名前が抜群にいいですよね、贈答品にピッタリ。
前に飲んだ時あまり良さがわからなかったので再チャレンジしなきゃですね。



Berori、こういうときはインスタやツイッターが便利ですよ!
でも想像以上に入ってるとこ少なそうですね~飲んでみたい!





2019.04.01 02:50 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2818-720e058e