FC2ブログ

日本酒感想日誌

ジャン・フィユー No.1

  2   0


急にコニャックでも。
ワインからのブドウコンボきめます。
1955年~1960年の蒸留だそうです。

有名なのはカミュとかレミーマルタンとかヘネシーですが、この辺の大手はネゴシアン。
ジャン・フィユーはポール・ジローなんかと同じプロプリエテール、プロプリエテ・コニャック、シングルコニャック。
すべて自家畑産のブドウを使用したワインでいうドメーヌということになります。






あーやっぱコニャックはこういう感じだよね。
ライトでドライ、繊細。
カルヴァドスなんかと比べてもそう、50年60年でコレだもんなあ。
良くも悪くも信じられん。
正直うまいことやってもうちょっと味が出てくれないかなと思う。
これはこれで良いんだけど、良いモルトはまた別格の味だなあとは思う。
あの糖蜜感もありつつ昇華されてる感じ。

立ち香は素晴らしい。
さすがに熟成のお醤油的なのもこのクラスになると出てくる。
含むとライトボディに、スミレのような香りが華やかに。
軽くドライ、オーキーに華やか。
例えばアイリッシュとか好きな人なんかはドンピシャでイケるんじゃなかろうか。
だんだん腐ったようなランシオっぽさ。

個人的には正直ちょっと物足りない。
これならカルヴァドスのが好きな気がする。
モルトよりもやっぱりラムのほうが近いのかなあという気がする。
やっぱ飲み心地がこのクラスでもライトライト~甘さもあるんだけどね。

とはいえ含めば香味はすごい。
パイナップルのようなジューシーさであるとか、あるいははじけるようなブルーベリーのようなニュアンス。
まだフレッシュさ若さを感じるようなランシオから、少し醤油系のこってりニュアンスもまあ。
上品かつくっきりとしたタンニン感オーキーさで、飲んだ後は口内がきゅっとなる。
まあウイスキーの樽感もこんな感じか。

しゃーない、次金ある時はカルヴァドスを家でやるかあ。
アレもたけぇんだよなあ。
アドリアンカミュ、ルモントンかローリストン、ロジェグルーあたりの良い奴でも。
あの辺のが好みの味ありそうなんだよなあ。
オーキードライなのが嫌いじゃないけど、好みじゃない、モルトのほうもそうなんだよねえ。



もう日付またいで4/2か。
アドリアンカミュラルーテからの異次元コンボ決めるぜ。
まあ熟成年数の違いもあるんだけど、華やかさはさすがにコニャック。

含んでもいいな。
しっかり甘みも出てこりゃええわ。
ツヴィーゼル1872エノテカウイスキーノージンググラスがいい仕事してるのか?
蓋つきじゃなくてストレートっぽい形状の奴。
やっぱりジャストサイズのよりも少し大きめのが楽しいよなあ。
この辺の話はまた今度。

うん、こら素直に美味い。
明らかにブドウの華やかさ、ジューシーさが出てる。
特に含んだ時の鮮やかさよ。
ここまでくればすでに大満足、今後どうなるか。
マホガニーやチーズやあるいはリンゴ感はアドリアンカミュラルーテですが、でも似た要素も出てくんのな。
流石にどっちもブランデーということなのか。
こうなるとアイリッシュというよりはスペイサイド。
ランシオ感もありつつ、わかりやすさ受け入れやすさもあるし。とにかく華やかで鮮烈。
かといってドライすぎずきつすぎない。

しかしグラスの残り香なんか圧倒的ランシオ香。
この高級な腐り感、カビ臭さ、最高だね。
ウイスキーでもこっち系好きだったから、こっちのがコスパ的に入手難易度的にも良いんだろうな。


4/5、02:43
うわあ、こりゃ凄い。
突き抜けるようなランシオ香やブドウの華やかさ。
含めばオーキーさだけじゃなく味わいが出てきて、白ワインの熟成したもののような味わいというか。
ねとっと絡むように、少しハチミツのような風味もあって。
こりゃまだまだ伸びそうですねえ。
500ミリと小瓶だけど、これが3万ちょいで買えるなら素晴らしいコスパ。


4/12
いやこーれ旨いわね。
鮮烈で深いランシオ香にプリンのようなカスタード&カラメルもありーの、甘いブドウを干してかつ皮のタンニン感もというような感じ。
ドライ感、紅茶感もあるんだけれど。
その要素吟味しても満足しかない。
例えば少し乾いたグラスなんか嗅いでもベリー系に程よくオークやチョコ。
本当にいいなって感じがします。


6月30日。
なんかうまくなってる気がする。
ちょこちょこ飲んではいたが久しぶりだからなのか。
なんか爽やかな香りがして、含んだ時のタッチに滑らかな甘みを感じるような気がする。
ドライなとこはドライだけど。


























2 Comments

お茶 says...""
ジャンフィユーはトレヴィユーしか飲んだこと無いですが、繊細、エレガントという言葉が似合うコニャックですね。
ラニョーサボランのフロリレージュを持っていますが、癖のない中熟のモルトに隠し味(3対1くらい)としていれると、70年代モドキっぽい香りがしていいですよ。
ジャンフィユーでも一度試してみたらいかがでしょうか。
2019.04.09 07:57 | URL | #8fjeFLhA [edit]
日誌係 says..."Re: お茶さん"

そんな裏技があったとは!
確かに良い感じになりそうですね~試してみます。
ありがとうございます。

ラニョーサボランのフロリレージュはモルト界隈で話題になってたやつですよね~。
これが思った以上にいい感じで、ブランデーにはまってしまいそうです。


2019.04.09 13:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2819-cdf0373a