FC2ブログ

日本酒感想日誌

ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・コンベット2002 ジャック・プリウール

  0   0


たしか23000とかそんくらい。






おお。
舌先に物凄く熟した甘みがピンポイントで来る。
一方でもちろんビシッとハリのある酸味、そして強烈なミネラル感。

コンベットはムルソーに隣接した区画で境界線を挟んでムルソーの1級ぺリエールとシャルムに続いている。
上部はピュリニー1級の中でも特級に迫るというシャン・カネ。
この甘みや、全体に感じるふくよかさは、ムルソー隣接ってことなのか中腹ってことなのか。

まあそれにしても品の良いリッチな熟成感、ふくよかさ。
マロンクリーム、メロンクリーム感みたいのを感じて、少し干しブドウな貴腐っぽさも。
そこにまだまだフレッシュでスモモなんか感じるような酸味がギュッと。
でもハチミツ、ナッツ、花梨……マスカット?
立ちと含みでまた違ったり同じだったり。

まったりこってりオイリーだけど、外縁はふわっともして柔らか、良いか悪いかはわからんが優しい。
でもそれもあくまで外側で、中心部の酸味、ミネラル感のズドンとくる感じ。
旨味感も太くて、ボディは全体に大。
かなりパワーを感じるが、もちろんエレガントさは損なわない。

しかしやっぱ1級は全くちゃいますね。
たしか前回の白がA.C.ブルゴーニュだったけど全く違うわこりゃ。
凝縮感ですよねー。
まーでもやっぱミネラル感とその周りにリッチにつくかなのかね。
特に白はタンニンないし、熟感と釣り合わないんだろう、ミネラルが無いと。

最初ひと嗅ぎしたときは熟してるか?と思ったけど。
まだまだ全然行けんじゃない?
ブルゴーニュは02当たり年だもんね。
もうバッチリバッチリ。
少し酸化っぽいような気もするけど、ストラクチャはがっしりがっしり。
うんめぇ。












Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2820-2368d4e2