FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1184】黒澤 青ラベル 生もと純米 生原酒 30BY

  0   0


もう今年は完全に出遅れ気味なのですが、山泉が良かったので買ってみました。
ちょいちょい飲んでるけどハードル上げられちゃってるから、逆によくわかってない。
この商品が黒澤の中でどういう位置づけなのかわからんのですが、まああれだったら実験いきで。

あーなるほど。
type7とtype9があって、そこに赤青黄とあって。
それぞれ18、14、長野酵母なのか。
ひとごこち65.
あー9号59もあんのか。
結構ラインナップ広くてわっかんねえな。
とはいえ14号はいいものだ。







どぅれどぅれ。

ほー。
まったく文句ないですね。
ちょっと辛めで、軽いのは軽い。
良いわねえコレ。

乳酸菌飲料っぽいような甘みに、プラムとか赤紫なブドウのような果実味があって、辛いくらいのミネラルの軽やかな立ち。
生もとの軽さですーっといって、まあこれは14ってこともあるのか元からなのかビッと少し下にアタックもあるようなミネラリーなキレ。

いや良いなオイ。
少し磨きなのか生もとだからなのか蔵癖なのかっていう硬さは少しあるけど、山泉なんかと比べても逆に気にならないほうか。
軽くドライって感じか。
そして結構くっきりはっきり甘いんだけど、さぁーっと溶ける軽いくちどけ。
甘さも軽いミルキーさと、それを彩る果実的な香味が絶妙ということですね。

ああコレは美味いですね。
たぶん誰が飲んでも。
参った。

これなんかいささかソリッドで、もう少しゆったりしたヤツにが良いかもね。
寝かせも良いんでしょうが、それなりに今の状態で万人受けするようにもなってるので読めない。
こらでもたしかに見晴らし、ブライトな光がさしてかつ空気が軽い。
山の上。

ニュアンスの独特のコク感は何でしょうね。
ミルキー&甘い甘いプラムですか。
軽さ明るさ、キレのミネラリーなストラクチャも気持ちいい。
度数から考えられない抜け感。
でもここだけは少しシッカリ穀物感もあるので、寝かせでどうなるか。

ちょっと寝かせてみる?
でも最初からちゃんとこの味わいで安定して美味しいのは大したもんだなあ。
酸っぱくなくても酸味が効いている感。

いや、コレはわかりやすいですよ。
レベル高いうえでわかりやすい。
あえて難癖付ければ凄い雰囲気は感じないというあたり。
でもまたこれを踏まえてあの銘柄とかこの銘柄とか吟味しなきゃいけないなあとは思う。
正統後継っちゃ正統後継なのかなあ。
でもこれは気取らず軽くごくごく飲むのに最高なので良いですね!


5/1
めんどくさいのでパラフィルムだけで。
相変わらず独特の味わい。
酸味がたつかな。

6/1
やっぱ生、さすがに少しバナナっぽく崩れが。
それでも飲めるし、このクラスだしってのが凄いとこだけど。
これはとりあえずこれで終了。

















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2844-dfda1977