FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1187】独楽蔵 生もと純米 29BY

  0   0


福岡の雄。
純米、熟成、お燗的なイメージのある蔵なのですが、生もとは意外にも初めてだそうで。
糸島産山田錦70で、29BYなので1年熟成で、今出しです。
7号酵母みたいですね。

九州方面で酒屋利用の機会があったのですが、そういえばツイッターで話を聞いてたので。
これは頼んでおかねばだと。







まずは冷やからのスタートで。

軽く黄金色で、立ち香はそこそこ熟してる感じですね。
香りの時点で甘みとか枯れたニュアンスなんかが出ていてなかなか複雑な味わいを予感させます。

おっいいねえ。
冷やでも飲めるけどちょっともったいないな。
冷蔵庫から出しといて常温~お燗も試します。

まだまだ芯はクリアーというところに、表面に蜜っぽいような甘さが軽くゆらっとします。
締まったボディで、ドライにスカッと切れていくんですけども。
その中に静かなんですけど、複雑な深みがあって。
甘苦だったり、乳酸っぽいような酸からの味わいだったり。

いい雰囲気ですよね。
熟成による風味もあるけど、熟成香とか控えめで嫌みまで行ってなくて。
雰囲気的には松の司の生もととかあの辺を思い出します。
チーズなんか食べながら飲んでもキマりますね~。

結構辛味が強いので、その辺気になる人はあれかもだけど、そもそもフレッシュ華やか生酒が欲しいときに飲むお酒じゃないからね。
いいなあ、これ。
もっと飲まないとなあ。

ややとろみがあって滑らかな伸び感でしょうか。
生もとのきれいさはありますが、例えばアミノ酸度とかはそれなりに合って、酸はそこまで高くないタイプか。
もすこし寝かせてもいいと思うけどね~。
糖蜜っぽいというか、そこに一つ艶が乗ってハチミツとかそんなニュアンスもある熟成によって出る甘さと。
うっすら焙煎香っぽいか、いやコレは辛味のソリッドなミネラル系の香りか。
優しく静かな乳酸系の味わいと、辛味の中にじわーっと優しく深く密やかな味わいと。


これいいね。
そこまでコテコテでもなく、ドライで辛味もズバッとしてるからオールシーズン飲める。
ちょっと古酒は今日はきついなってときでも、そこまでじゃない。
それでこの雰囲気、でも汚くない、絶妙です。

徐々に艶っぽい甘さがたっぷり出てくるんですが、深みのあるニュアンスと、微かにシトラスも感じるような酸が主張はしないけど生きていて。
あとはやっぱりドライさですよね。
でもスローなテンポ感といい良いなあ。
例えばこれ暑くなってきても、少し薄める意味でも常温に氷をひとかけら入れてみたりとか。
いや良いっす。


お燗。
まあ大きく外すわけはない。
リンゴの蜜っぽいニュアンスの甘みと、クリーミィで滑らかな伸び。
主にフィニッシュの苦みや辛味が際立つので、あんまりお燗よりは常温のほうがいいかなあ。
お燗にするにはそれこそ生もとじゃなくて、とかもっと熟成させてだろう。
ん、これ今日の俺の舌の問題か?





















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2849-b8fb20e3