FC2ブログ

日本酒感想日誌

アルテンベルグ・ド・ベルグハイム グラン・クリュ2005 マルセル・ダイス

  0   0


三度登場。
今回はアルテンベルグの2005。
2005はなかなかないんだよな~しかもサインボトルです。

さすがにこういうのをホイホイはできないけど、アルザスはもっとやりたい。
トリンバックとかフンブレヒトとか?
あと貴腐系もやりゃあいいのかな?






まあ外すわけもなく美味しい。

シュネンブルグとくらべてどうかね?
かなり近しいとは思いますが、少しシェイプが違う?
あっとのがもう少しシュッとしてましたが、こちらは広がりつつ流れていくよう。

あとは意外と酸味がきっぱりあってこれがまた良い表情ですね。
フルーティだったり、それでいていい白ワインで感じるコレ。
これなんて言ったらいいのかなーラストのとこで存在感があるというか、すこし血っぽさ?
ちょっとシェリーっぽいようなね。
ああ、シュールリーっぽいのか、そうか。
ちょっと赤っぽくもある。

ちょっと鉄っぽい感じなのか?
これがきれいに出てるのは美味いと感じるなあ。
ワインは鉄あるからな~日本酒は鉄分の少ない水ってのが鉄則だけど。
鉄分がワインと魚合わせたときの強烈な生臭さの原因らしいし。

まあこれは明らかにレヴェルが違うわな、ただ甘いだけとは。
ピュリニーやムルソー、あるいはシャンパーニュなんかでも感じるようなニュアンスがきちっとある甘口。
めちゃ甘いけど他の要素とシームレスで一切破綻ない。
甘い、複雑、とか言うだけじゃななかなか伝わらなくて、至るとこに素晴らしさが潜んでる。
これを混植混醸でやらかしちゃうのは本当に天才なんでしょうね。
果実がーといっても全く軽薄でペラペラなんてことはなく、また品のあるエロさがプンプン。
それでいてヌケは良い、ミネラル感なのか酸なのか、それともガスが溶けているような感覚なのか。
いやあ美味しい。

マルセル・ダイスは一つランクを落としてまた色々飲んでみたいです。


2日目。
窒素で2日目も全く問題ないし。
何なら強めに冷やしてもベリーグッド。
うっめーなあこれは、これは凄い。
流石にパーカーポイント98。
ただの甘口じゃあない。
とにかくペラくなくて、中身が詰まってるけど破綻なく美しい。
ブドウの味わい、発酵感、熟成による深みや雰囲気。
これはヤバいわね~。

アルテンベルグは00年代なら比較的入手しやすい(シュネンブルグとマンブールはレアで10年代になる)。
そしてバックヴィンテージでもそこまで無茶な値段じゃない。
甘いのが嫌じゃなきゃそこらのブル1erよりこっちだな。
もう少し下のクラスでこれに近かったらそらもう最高だわな。
飲んでみよ。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2886-324174ea