FC2ブログ

日本酒感想日誌

マルサネ・ルージュ2011 メオ・カミュゼF&S

  0   0


ワインなんて年に10本も飲まないんだから高いの買おうぜと言ってきたんですが、本数が増えてくるとそういうわけにもいかず。
また上のほうと、この辺のクラスでどれくらい違うのかなーと。
でもこのクラスでも、この辺の大して古くもないヴィンテージでもなかなか売ってないんですよ。
6000円台だったと思います。

メオ・カミュゼ、とはいってもまたF&S。
こないだ成り行きでブルゴーニュ・ブランをやって、次は赤でと思っていたのでまあちょうどいいやと。
マルサネはコート・ド・ニュイ地区の最北部。

つか最近ブルゴーニュばっかやってんな。
他もやりたいんだけどねー、何となく買っちゃう。
というかもうボルドーとかどんなだったか忘れた。





色合いは薄めで赤系統のような気がします。
開けたときは香りとかなんかうすそうだなと思ったけど、それなりに。

あーこうなる、こうなるのか~。
これは勉強になりました、ハイランクのワインが正しくダウンサイジングされた感じ。
ピノっぽい香り、味わいはちゃんとあるけど、細かいとこが足りてないというか。
薄い、まあ薄ウマ系な気がするけど、全体的なふくよかさやスケール、熟成感も余韻もですが足りてないという感じ。
なるほどなるほど、これくらいのクラスはこれくらいで飲んでいいんだ。

いや、十分旨いんじゃないですか?
そんなに若いなって感じもせず、ピノっぽいクラッと来るような妖艶さのある香味がしっかり感じられる。
果実系の香りに、バラ、んでもって少しケモっぽく。

足りないのは甘さ、全体のふくらみですかね~。
やっぱり少々味気なく感じられて、その分酸味とか、スパイス感とか、あるいはタンニンなどがちょっと浮いてしまうという感じ。
だからこれがもっと下がってくると、酸っぱくて渋くて日本酒人間にはNGってことになってくるんでしょう。
まあ比較対象として最近やったブル赤がどれもハイランクだったので、あくまでもそこと比べてという話でございます。
薄いってよりは痩せてるように感じます。
例えばキレ感なんかは良いけど、そのあとの余韻もあるけれど、弱かったり。
まあ細いかもねえ、でもそりゃしゃーない。
これなんかは香り的な部分とかで十分ふくらみを補足はできてると思う。

まあでもコレ美味しいと思いますよ、柔らかい飲み心地。
少しタンニン+酸で収斂性はしっかりめかなあ。
でもそれでもフローラルだったり、落ち着いた飲み心地からの、風味は秀逸。
薄ウマな感じなのと、少々フィニッシュが強い。
まあミネラル感があるってことなのかなあ。
ミネラル的なとこから造るストラクチャはある、それが旨味につながってくるのか。
香りは本当に良いですよ、暖かなスパイス、少々のミント感。
優しくキュートで品のいい果実に、フローラルも加算されて、ブルゴーニュだよね~という感じ。
カカオっぽいようなのもあってそれも好ましいかな、もしかしたら樽の関係なのかもだけど。

なるほどね。
日本酒ファンに話すと、ワインそんな好きじゃないって人でも、この辺にくるとらしさみたいのを楽しめると思います。
この辺ていうのは村名で、出来たら著名な生産者、5000円~1万円くらい。
ヴォーヌ・ロマネとかだと少し高くなってくるので、やや落ちるこの辺とかね。
さらに直近のヴィンテージよりも、手に入る範疇で少し前。
今なら20、2012~2014くらい。
手に入りやすいのは2015~2017だろうけど。

本気で感覚を壊してワインにハマりたいってんなら、やっぱ3万から5万くらいのグランクリュで。
その場合はやっぱ2005とかそのあたり、1級でもせめて00年代とかその辺がいいんじゃないかなあ。
探すの大変だけど、という感じ。
上記はブルゴーニュの話です。
ちなみにいうと、軽めだけどコクがあって、鮮やか勝妖艶な香りがある、これがブルゴーニュの良さだと今は感じています。

メオ・カミュゼはもしも近々でまとまった収入があれば、クロ・ド・ウージョでも買ってきますよ。
でもネゴシアンものでも本当に美味しいですね。








Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2890-44ee4a22