FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1206】惣誉 生もと 純米大吟醸 2015

  0   0


今年お気に入りになった惣誉
ハイクラス商品に興味があったのだけれど面白そうなのがあったので。

生もとだとこの磨き45の純大が4合3000円くらいで。
その上に4合1万ぐらいのが高島屋とか一部のお店で売ってて気になってたんだよね。
これは磨き45のものの2015年ヴィンテージのスペシャルです。
2015だと27BY、3年ものくらいかな。

普通は数年違いの原酒をブレンド(これマジ!?)して加水してるらしいんだけど、コレは原酒なんだって。
酵母は説明を見ると14号らしく、自分は14号好きなので気に入ったのはやっぱりという気しかしない。






よいしょ。
立ち香の時点では全然熟成香しないなあ。
モダン系生もとっぽさと、こんもり湧くようなミネラル系の香り。
乳酸的なものと少しの辛味。
お店では控えめな土系と。

まだ若いくらい。
素晴らしい。

柔らかであり、クリアー。
熟成感一切なし、少し甘みが乗ってるくらいじゃねえのかな。

凄いな。
ベースは無臭に近いようなモダン系生もと、あるいはぐっと抑えてあるけど、松の司とか九平次系の香りなんだけど。
その表面に極わずかに熟れたマスクメロン、いやカスタードのようなニュアンスがゆらっと、本当に少しね。

味わいはどうだろう、まあギリギリなのかなあ。
熟成といって皆が想像する嫌みはないですよ。
基本的には味の少ないタイプなので、クリアーでキレイ。

そこに熟成で味を出してるわけですが、味が強くなってるってんじゃなくて。
微妙にニュアンスがついてるって感じなんだよね。
柔らかい乳酸感だったり。、酸味なんかは艶っぽく、すこーしビネガー調のものが感じられる瞬間もある。
ややバニラリー、カスタードだな。
この辺とミネラル感の織り成すあたりは瞬間的に澤屋なんかも。
複雑さを増した酸味とともに、ほろ苦さがたって、その中に柔らかい練れた栓が見えるというか。
結構酸はある。

ビッとしたキレにミネラル感はたっぷりで、キレ感が続く余韻は極めて長い。


なるほどね~。
ここがベストなのかってのはちょっとわかんない。
もっとコッテリ寝かせてもいいような気もするし、逆にこれならレギュラーのがさっぱりしてて良いよと思うかもしんない。
特にほんとうにマルチヴィンテージでやってるならね。
これなんかも少し加水したい気分がないでもない。
ただし大変得難い経験をさせてもらいました。
もうちょっとタイミングとか温度を探ればベストに持っていけそうな気もするんだけどな。

うん、うん。
あんまり冷やさないほうがいいか?
そっちのほうが軽さは出るか。
そして乳酸感と、少し収斂性、つまり赤紫な果実味の渋みが入ったり、あるいは熟成の甘焦げ感というか、厚みというか。
あー黒澤とか、あるいはやっぱ松の司のあらばしりとかその辺かなあ。

中心部はスイっと消えていくように舌になじみ溶けていく、それでいて清々しさもあるような甘やかさなんだけど。
周辺部はいい意味でタニックに厚みがって、ぶわっと花開くよう。
シェイプがちょっと違うかなあ、前にあげた様なのはもっとキューンとハイトーンで抜けて行ったりするけど。
でもフィニッシュでぐっと厚みもをもってキレるあたり。
その中にややまったりとしたエキスも感じてくるか。
でもスローなテンポ感とかは流石、酸味でもエキスでも、今一歩嫌なとこに入ってこない。



温度が上がってくると頭の軽い乳酸感みたいのは上がるけど、一方でフィニッシュの厚みは増す。
そこは好みでね。

これがスペシャルだとは思わなくて、逆に全体的にレベルが高い蔵。
十指に入るかもしれませんね。
もっと飲んでみないと。

いやー良いね。
しつこくない乳酸的な甘さ、酸味も含めた練れ感、中のクリアーさ。
果実味も後に従えたミネラルの味わい。
リッチだなあ、凝縮感もあるなあ。
こういうのが本当にいいお酒。

逆にもっとビシッと酸味があってもいいくらい。
意外とフラワリー。


2日目。
クッソみたいな風の森愛山50のお口直しに。

やっぱりこうやって見ると、熟成感はしっかりあるわあるんだな。
でも嫌みはない。
うめえなあ。

すいーっとした伸び、乳酸系の甘さもあるんだけど。
酸味が効いていて、ミネラルも程よく、キリっと軽い抜け。
この蔵は本当にいいと思います。
ほどよく酒っぽくエキスっぽい味わいもあるのがいいなあ。
それが品よくエレガント。

うん、これはねー黒澤好きなら気に入るんでない?
寝かせは売ってないからアレだけど。
もうちょっと時がピタっと止まるような何かがあれば最高だと思うけど。


























Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2905-e889ef00