FC2ブログ

日本酒感想日誌

コート・ド・ニュイ ヴィラージュ2010 ジャイエ・ジル

  2   0


少し間が空きましたが飲んでないわけじゃあないんです、毎日飲んでます。
冷蔵庫の整理をしつつ、そろそろ日本酒も何か良いの買いたいな。



こないだエシェゾーをやったジャイエ・ジル。

このコート・ド・ニュイ・ヴィラージュというのがわかりにくくて、村名格です。
コート・ド・ニュイというとAOCの名前ではなくて、細長いブルーゴーニュのうち北半分の地域名。
その中にシャンベルタンやヴォーヌ・ロマネなどの村名AOCがあるのですが、そのコート・ド・ニュイの中で独自のAOCを持たない村のワインをコート・ド・ニュイ・ヴィラージュとして村名格にしてるんだって。
ボーヌに近い南端のプレモの一部の畑、コンブランシアン、コルゴーロワン、北端のフィサンの一部の畑とプロションの5ヶ村がこのAOCを名乗るようです。


このコート・ド・ニュイ・ヴィラージュはコルゴロワンにある3つの区画から。
コート・ド・ニュイ最南端なだけにニュイとボーヌの両面を備え、柔らかな果実味の後にたくましいストラクチャーが感じられる。



ジャイエ・ジルというと新樽100パーが特徴らしくて。
新樽を100パーセント用いるのは特級クラス、 または評価の高い1級クラスのワインに限るというのが一般的らしいんですね。
そうランクの高くないこの辺でそれをやるというのはブドウに自信ありということなんでしょうか?







アカン、やっぱまだ全然若いな。
流石に無理だったか。

味わい、果実味なんかは結構いい感じなんだけどな。
テロワール的なとこもあんのかな。
やや酸味が強く、それ以上にタンニン・ストラクチャーがしっかり鋭くて、口内に張り付く収斂性。

風味の豊かさ、果実味、味わいの濃厚さなんかは感じられるので、こなれてくればぐっと良くなるだろう。
まーやっぱこの辺の価格で美味しいブルゴーニュを飲むのはなかなか大変ですね。
というか2010はやっぱり無理だったね。


あーでもだんだん良くなってきた。
ゆっくり、明日までやるかな。


チェリーのような酸味に、少しハーブ。
赤のフレッシュさから、黒の深み、やや森やたばこ。
ビーフシチューとか、そのあたりと飲めばまた良いのかもしれない。
どっちにせよあと3年から5年くらいは寝かせたいところだ。
コク感は良くて、ブル味というか、血っぽいようなのとかね~しっかりしてるはシッカリしてる。
たまに2014とか2015で今飲んでおいしいとかいうヤツ、どのワインでもいるけどぜってー嘘だろ。



2 Comments

甘口酒 says...""
ご無沙汰しております。
最近、ラムやらワインにも手を出してますが、難しいものですね(^-^;
ラムは基本割るので如何様にもできますが、ワインはなかなか。
飲みやすいかどうかで判断して、これは…(;´Д`)な物はコーラで
割ってカリモーチョにしてます(笑

セラーもないので、この時期は早め消費ですが、12本クラスのセラーを買おうかとも
考え中です。
まあ、長期熟成できるクラスのセラーは手が出せないので、セット購入後の避難場所的な
役割になるでしょうけど。

2019.06.03 07:00 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: 甘口酒さん"

コメントありがとうございます!!
ラムはまだウイスキーなんかと比べても安価で楽しめますね。
これからの時期はモヒートなんかにしても良いですし!
僕も日本酒じゃ重いなあってときはカクテル系はいいなあと思うようになりました。

ワインはなかなか難しいですね~。
純粋なワインラヴァーならなんでも楽しめるんでしょうけど、個人的にはある程度値の張るものを買わないと響いてきません。
日本酒と同じ価格帯のものを買うなら、日本酒でいいかなあとなっちゃいますね。

ワインをやるなら小ぶりでもセラーはあったほうが良いですよ!
特に夏場とかは、保存もそうですし、飲むときの温度調節にも。
冷蔵庫だと冷えすぎますからね~冬なら常温でも良いんですけど。
ワインこそ割と買い逃せない一期一会なとこもあるので、少しでも保管場所があると助かりますよ。
しっかしワインセラーって高いんですよね(笑)


2019.06.05 03:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2918-abd0238d