FC2ブログ

日本酒感想日誌

うちゅうブルーイング BIGBAN IPA

  0   0


今日はビールから。
今はそれこそ星の数ほどある日本のクラフトビール、地ビールですが今大人気の奴らしいです。
もともとはオーガニック農家をやってたそうなのですが、そこが自分たちで育てたホップでビール醸造をはじめたってことらしいです。
今回はヘイジーIPA(にごったIPAって理解でいいのか?)。
以下参照。


バッチNo.059
スタイル:HAZY IPA
アルコール:7%
IBU:-
ガスボリューム (炭酸ガス含有量):2.3

品目:ビール
原材料:麦芽、オーツ麦、ホップ、粗糖
Hop:CITRA+MOSAIC

賞味期限 2019年9月3日

【コンセプト】
宇宙の始まり、それはホップの爆発。
宇宙の各地に散らばったホップのかけらはそれぞれの星で、その香りで人々を幸せにしていることでしょう。
銀河系のある惑星で採れる五次元フルーツ「うちゅ」は熟すとビッグバンかのごとく弾けて、あたりにトロピカルな香りを充満させます。
このBIG BANG IPAでは熟した五次元フルーツが弾けた時の味と香りを再現してみました。

【ブルワーズノート】
今回のBIG BANG IPAも爆発感を意識してスムース ジューシー トロピカル うちゅう ボムッ!!
なホップ全開の宇宙的ジュースに仕上がりました!!








おお、すっげ!
マンゴー的なトロピカルなアロマがいきなり全開。

これは美味しいなあ、人気なのも納得。
ガス圧も弱いしここまでくると強炭酸でのど越しがーというビールとはもはや別の飲み物で、ホップジュースという感じでしょうか。

スムースでジューシィ、泡感が自然なとろみやクリーミィさを感じさせる。
よく知りませんが、このトロっと感はヘイジーらしさとか、オーツ麦の効果とかそんな感じらしいです。
華やかな香りとともに仄かに甘さも感じさせつつ、もちろんビシッと苦みでしめる。


うむ。
まあやっぱり俺はビールの人じゃないなと思いつつ、コレは質感のよさを感じられるビールだと思う。
このとろみ感はすっごく気持ちいいし、ガス弱とろみの中から爽やかな酸味。
トロピカルなんだけどケミカルじゃないシトラス柑橘爽やかな風味がふわっと鼻に抜けたり、余韻で苦みの中から麦の甘さやトロピーなニュアンスを感じたり。
ゆっくり味わいっていろんな表情、細かいとこの良さが色々感じられる。

ニュアンスだけとってもマスカットやパイナポーパッションフルーツ、シトラス、でも草松とかね。
トロトロ優しくスムースだけど酸味が爽やかで、でもビッと来るとこは来る。


うん面白いですね。
本当に美味しいと思います。
がしかし、180ミリくらいでいいな(笑)
やっぱビールの人じゃないんだよなあ。
なんか入手困難系らしいんですが、酒屋をフラフラしてるとちょいちょい遭遇するので、ここのは気が乗ればまた買うかも。
そんなに酒屋も行ってないんだけどさ。

苦いの嫌とかいうならIPAとか飲むなっつー話なんだけどなあ。
でも別にコーヒーとかは嫌いじゃないんですよ?
でもビールのこの美紙は年に3回くらいでいいですね正直。
逆にビール好きな人は日本酒とかワインとかウイスキーとかどう思ってんのかねえ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2944-4cbf51ba