FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1220】竹泉 純米吟醸 和田山雄町 30BY

  0   0


なんか写真がぼけてるな。
今日スマホ変えたばっかでカメラ使いこなせてなくてごめんなさい。
そういえばアップロードの解像度も弄ったままだし、テンプレート変えたい病定期だしグダグダ。

何となく見かけて買ってきた竹泉ですが、これ夏酒なのか。
竹泉も入りは直汲みとかそっち系で良かったのですが、熟成系とかハイランクのものをやりたいんだよねえ。

契約栽培雄町55、7号、14度、火入れ。
低アル原酒とかではなく加水です。





おおー。
かなり思い切って薄めてるんですが、それが良いですね。

7号っぽい、さっぱりとしたラムネ系の香りで、酸味なんかも感じるタイプでしょうか。
いやしかしここまで思いっきり加水してるお酒もなかなかないんじゃないかろうか。
低アルといっても低アル原酒ばっかだもんな最近は。
ちょっとあんなおもくそトロピカルなビールの後に飲む酒じゃねえな。

しかし少し鄙びたニュアンスがあるのがいかにもこの辺らしいですねえ。
きりっともしてるし、言ったらもの凄く薄めてるんだけど、その辺の表情がすごく面白いです。
これは別に製法的にアカンとかではなくて、あの辺の特徴って感じがします。
薄いんだけどピッとした線とか、でも微妙に旨味の懐が広くてゆるっと広がるあたりも面白いですね。
ちょっとほっといたほうが面白いかもしれません。
お燗もつけたくなるんだけど、それならもう少ししっかりしたほうがいいかなあ。
辨天娘とか鍛造にごりとかかってくるかなあ。


お燗。
ああ、いい香りします。
薄い、薄いのですがドライ感が良い粒立ち、粒立ちというか舞い上がり方立体感ストラクチャ。
クリーミィさや酸味、もちろん薄めてあるとはいえお米の味わいもある。
ゆるっとした甘みや酸味なんかの立ちあがり方。
やっぱなんか良いなこの時期のお燗。








Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2947-ea79c2a6