FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1223】杉錦 純米大吟醸 しずく取り原酒 29BY

  2   0


これ29BYかな?
ってことは、絶賛したこれの熟成みたいな感じですねきっと。
平成30年の静岡県新酒鑑評会で会長賞(知事賞ではない)となっていて出品酒その者らしいです。


前年の28BYに平成29年静岡県清酒鑑評会でW知事賞をとったもんで前年のがはけちゃって急遽新酒で出したとかそんな話だったような。
それが今年は会長賞で年末に出して、半年遅れで買ったと。

熟成は熟成で楽しみだ。
こっち系もいけるけど基本は全然違う蔵だし。







どれどれ。

おお、どうだろうなあ。
ベースが相変わらず大吟っぽくないのと、1年半寝かせても全然熟成感ない。
つーかこれも生もとなん?というような味で、惣誉なんかも思い出す。
もう少し香りをだしたらそんな感じになりそうだよね。


まあ前もやってるのでそんなに突っ込んでやる気もありませんが。
少しクリーム感がでてるのかなあ。
ほんのりとグレープやバナナも感じさせながら、明るくさっぱりと酸味を感じてジューシー。
その中にじんわりと旨味も感じさせながらピッとキレる。


相変わらず良いですね。
派手ではないけど厚みも出ててそれが飲みごたえというか華やかさとして感じられる。
赤ワインっぽいってのがイメージとしてわかる気がする。
ちょっと赤い果実のイメージもクリアさの上にのってきて、それでいてきゅっと凝縮感もある。
あえて気になるところを挙げれば少し糠というか糖っぽいような余韻が残る感じかな。

でも杉錦は好きだしもっと色々飲んでみたい。
杉錦はあんまり売ってないので、見かけたら買いたいと思います。
次は天保十三年でも。















2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019.06.22 12:40 | | # [edit]
日誌係 says..."Re:"


天保十三年はクラマスターとかいうフランスのコンクールでも評価されてましたね。
あの価格でがっつり熟成で味わいも安定感あるとか最高ですよね~。
今年中には必ず。

しかし静岡でそんな裏話が(笑)
今さら天狗になるような蔵でもないのにそういう話が出てくるというのはよっぽどなのでしょうねえ。
まあ昨今の商品展開や味わいを見るとあながち……となってしまいますが。
久々にあそこの美味しいやつも味わいってみたいんですが最近僕はイマイチなのしか飲めてないんです。




2019.06.23 01:33 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2954-14762526