FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1244】笑四季 純米大吟醸 マスターピース2018-2019

  5   0


久しぶりに笑四季でも。
会心の出来の時のみ出荷となる笑四季のフラッグシップがマスターピースなんだそうで。

生もと、10号酵母、日本酒度-5はともかくとしてなかなか面白そう。
6号って書いてある酒屋も多いけど、たぶん去年が6号とかのコピペミスかな?
ややリリースからラグがあるのが不安ですが、火入れだから大丈夫だろ、傑作名乗るレベルならな。
ああでも製造年月日は3月だけど出荷は割と最近っぽい。
瓶火入れ1回。
滋賀県甲賀市産山田錦50。







なるほど、こういう感じなんですね。
ややトロミが強くエキスっぽさはありますが嫌いじゃないですよ。
まあリリースから少々時間が経過してるのでそこはね。

最近の中では天明なんかに近いイメージかなあ。
マスカット的な香りが程よく爽やかさも感じます。
ミネラル感もあるし、いろんなニュアンスが繊細に表現された果実感。
含むとシルキーというのか、やや目が詰まってサラッと粉っぽいというか、そういうタッチに。
ゆっくりスローなテンポ。
それでいてモダンな生もとの綺麗な酸味が綺麗に、かつ滴るようなジューシーさ。

あっコレ美味しいわ。
伊達にマスターピースとか名乗ってない。
笑四季ってやや外連味の強いような商品が多い印象で、評価しつつも疎遠だったのですが、こういうお酒を志向しているなら登場回数は増えそうです。

含みんだニュアンスが素晴らしい!
カプとかと比べるとかなり味わいも香りも抑えてあります。
マスカットやブドウ、バナナのしっとりにトロピカルの明るさ、バニラ感に少し心地よい青さもあるような。
素晴らしいです。

甘いとか味が強いってわけじゃないんだけど、何とも言えない味わいが舌に絡む。
スローでねっとり、ブドウが熟したような感じもあるなあ。
もう少し寝かせても楽しみありそげ。
酸味も素晴らしくて、綺麗さ、キュッとして深み、さらに乳酸的なニュアンスが味わいへ。

あと特徴的なのはこの手のお酒だと比較的軽くサッと流れるものが多いんだけど。
これあえて狙ってスローに、程よく重く仕上げてますね、上級の雰囲気あります。
シルキーにいい意味での液体の重さ、果実感を漂わせながらキュッと酸味が効いて、タニックというか深み厚み。
それも粗いわけじゃなくて気品あるというかメローにバニラ乳酸的なおだやかーな甘みとね。
それでいて重くなーく酸やミネラル感のヌケ。

クリアーなそっけないくらいのモダン生もとと、リッチさの狭間。
そしてしっとりもしてるんだけども、ミネラル感がきちんとあり、ふわっと広がってゆっくり切れながらビッとね。


良い、素晴らしい!
正直なところ同梱買いで特に期待してなかったが、これは良い。
今年入れ込んでる銘柄の中だと惣誉とか天明の一部商品という感じかなあ。
カプ系が全くのNGになってるので、今日は華やかなものが飲みたいなあとなるとこっちになっちゃうんですよね。
それなりに香りも意識しつつ綺麗であること。
その中で適度なふくよかさとミネラル感と。
こーれは来てるね。

久々にちょっと鳥肌。
まず繊細だけど満足感のある香りの表現。
スローにリッチに大きく膨らむんだけど、球体の大きなバルーンで破綻ない。
酸味の軽やかさ&タニックな深み。
心地よい苦みばしったミネラル感の中に感じる乳酸感やお米の味わい。
ミネラル感といってもズバッと鋭くいくタイプではなくてね。
ここまで大きく滑らかに膨らみ、舌に辛味、それでいてという。
これなかなか凄いですよ、あまりやっぱ記憶にないですね。
味わいの細かい差異はともかくとして、スケール感で例えば龍力奥吉川ブルーとかと引けを取らない。

いやあこういうの引いちゃうから日本酒もやめられない。
これは疑いようもなくマスターピース。



2日目。
うむ、今日も文句ない。
1日目のピークの時のほうが良かったけどね。


かなりずっしりとミネラリーなので、渋い苦い辛いという人も多いかもな。
この辺は例えば蒼空とか近いかも。
あるいは磯自慢のハイクラスとかあんな雰囲気も。

一方で香りの表現なんかは本当に秀逸。
甘酸は派手ではないが瑞々しく、それでいてバニラリーだったりコク感も感じ取れる。

このお酒は楽しかったです。
これに近そうなレギュラーの商品がないかなあ。


5 Comments

みりん says..."今年のも良かったんですね"
日誌係さま

このお酒、2017のは飲んでいるのですが、それも酢酸イソアミル主体の香りで個人的に気に入っていました。これを購入したお店は時々地雷を踏むことがあるので、今年は行く機会が少なくなってしまったので、今期のを飲んでいないのは残念です(>_<)
日誌係さんが飲まれたタイミングも良かったのでしょうね。去年のは飲む時期が早かったせいか極上の一歩手前のような印象だった気がします(;^_^A (と言っても、価格を考えれば十分なので、不満はまったく無かったのですけど)
この辺の価格のは、昨年買ったお店でも売れ筋ではなく、もしかすると売れ残っているかもしれないので、明日にでもお店を覗いてみようかと思います(^^ゞ
2019.07.30 19:08 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: みりんさん"

笑四季にこういうイメージはなかったのでちょっと驚いてしまいました。
かなりミネラル感が強く、好みな感じです。

ストレートにジェネリックなカプではなくてイソアミルから華美なくらいに香りを出すのはここの十八番ですが、今回もイソアミルがありつつ爽やかにマスカットのような香りでよかったです。
それほど高い商品でもないですし、これはみりんさんなら楽しめると思いますよ!
飲むなら1日目がお勧めですかね~2日目は少々硬く、磯自慢の上級キュベなんかも想起させます。
ちょっと驚きました。




2019.07.31 03:31 | URL | #- [edit]
みりん says..."To 日誌係さん"
残念ながら、さすがに売れ残っていませんでした(>_<)
ネットでは買えるところもあるようですが、まあ次回の縁を楽しみにすることにします。

ところで、ブログ等には今はもう何もしていないのですが、試飲メモのようなのは個人的にしょっと残していることもあり、私のメモにも去年のこのお酒に関して「30年ほど前の磯自慢を彷彿」なんて書いてありました(笑) 感じるところは似ているのだなあと嬉しくなった次第ですが、別件で書こうと思っていた「磯自慢はブルーボトルでいい(十分)」もまったく同意見です(^^ゞ

最近、インスタやツイッターもちょっと拝見していますが、酒器や食器等にも興味があったりアルコールではない飲み物にも興味があったりする部分も似ていますので、またそうした部分でも楽しませて頂きたいと思っています。ちなみに最近は久しぶりに水出しコーヒー器の埃を払い、妻と楽しんでいます。3人前程度のこの器具は今ではもう終売してしまったようなので、約17年前に買っておいて良かったです。水出しコーヒーは大学時代の思い出の味の一つなのでなんだか懐かしくなります。嗜好品はお酒を含めて長く嗜んでいると様々な思い出にリンクしますので、それもまたとても楽しい事のように思われます。
2019.08.01 02:26 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: みりんさん"


出会いに任せるのもまた一興ですね~。
僕も新商品や未飲の銘柄を躍起になって探すという時期もありましたがようやく落ち着いてきました。
世の人の評価がアテになんねんなあ、というのもの大きいですが(笑)

それだけにたまにおっ!という出会いがあると嬉しく思います。
笑四季でいうと貴醸酒であるとか少し気をてらったイメージがあったので、このお酒は驚きました。
日本酒の本流と、らしい香りの表現と、いいバランス感でしたね。
こういう方向性も目指してたんだというのは知らなかったのでびっくりしました。
これで磯自慢っぽいというのが出てくるのは、やっぱり感じる人は感じるんだなあと笑みがこぼれてしまいます。


自分はあまり食べ物にはこだわりがないのですがとにかく飲み物は好きで……。
お酒もそうですし、良さそうな豆を買ってコーヒーを飲んでみたり、お茶をやってみたりという感じです。
今年は数年ぶりに緑茶をやっていて、次は中国茶かなあなんて感じですね。
昔はタバコなんかもやっていた時期があるので、し好品好きというところでしょうか。

唯一アドヴァイスがあるとすれば、陶磁器の美術品や骨とう品にはあまりハマらないほうがいいということ(笑)
あれはハマると有り金を全部突っ込んでしまいかねないので気を付けてください。


2019.08.01 03:35 | URL | #- [edit]
みりん says..."To 日誌係さん"
ワインも色々と飲まれ始めているようなので、中国茶は経験されるとグッと来ると思います。非常に華やかでゴージャスな感じの烏龍茶等も魅力的ですが、普洱茶の良品の旨味を含んだ滋味深い味わいは何処かブルゴーニュの赤ワインの奥深い風味に通じるところが有り、感動されるのではないかと思います。その余波で日本の碁石茶や阿波晩茶なども是非。興味深く経験できると思います。

それと陶磁器の美術品や骨董品は美術館等へ観に行っていますので、ご安心ください(笑)
ですが繊細な大吟醸を飲む時のベストはアンティークグラスだったりはします。色々と試したのですが、これ以上のが見当たらずに大切に使用し続けています。こういうのも本当に一期一会だと感じます。
陶磁器は現代作家さんのが中心ですが、もう十分量になってしまっているので、なるべく追加しないように心掛けています。それでも年に何回か増えてしまうのは仕方がないですね(;^_^A
2019.08.04 16:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2998-d71c6675