FC2ブログ

日本酒感想日誌

モレ・マイオルム フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ 1999 マストロベラルディーノ

  0   0


なんか変わってそうなイタリアの白というお題で買ってきた2本のうちのもう1本。

カンパーニア州、ナポリとか南の当たりですね。
マストロベラルディーノというのがワイナリー名。
フィアーノ・ディ・アヴェッリーノというのが原産地呼称の格付けで、最高格付けのD.O.C.G.となってます(2003年~)。
モレ・マイオルムというのは商品名という感じでしょうか。

イタリアでもっとも古くから栽培される品種の1つである白ぶどう種のフィアーノを材料とした辛口の白ワインだそうで。
マストロベラルディーノも、カンパーニャ州では代表的な造り手。
これはモレ・マイオルムの長期熟成したものの蔵出し、ってことらしいです。





おっ、ナッツとかペトっぽいですねえ。
そこにトロピカルなニュアンスも感じつつ、紅茶感とか。

うん、まあまあ良いんじゃないですか?
熟成の酸化的なニュアンスはややシェリーのような妖艶さがあって。
それでいて味わいはドライで、ミネラル感はビシッとしてます。
ストラクチャもしてますね。

なかなか良いっすね。
一呼吸置くと、やっぱりちょっとトロピカル系のニュアンスがあり、軽くクリアーな甘みも。
酸もまだまだあるし、味わいもビターさとか、重層的かなあと思う。
まあ味よりも香りって感じですけどね。

うんうん。
クリーミィさとか、柿のような雰囲気、バニラ感、バター感、ハチミツ。
これ5000円くらいだったと思うけど悪くないね。
軽いハーブ感やビターさの中からくる甘やかさとか、旨さも。
とろっと感とか。


悪くないと思うけどな。
ややトロピカルなとこや、フィニッシュの適度の締まりとかかちょっと違うのかな。
いいブルゴーニュと飲み比べたらどうなんだろうなあと思う。
ブドウの熟れ感というか、普通に熟成感か、も感じるし。
あえて言えば果実味とかが明るくて浮ついて感じるのかなーって気もしないでもないけど。
エレガントさとか細部のキマリかたの話になってくんのかなあ。

いやでもこれはいいや。
凝縮感、干した杏、なるほどねえ。


ジューシーな洋ナシや金柑の果実、さつま芋、栗のふくよかな香り。
清涼感のあるハーブのアロマも。
ふくよかな口当たりに果実味豊かな味わい。
ミネラルと穏やかな酸味のバランスが良い。



なんて書いてあるショップがあったけど確かにねえ。
白い花のを少し熟成したようなね、味わいの熟成感。

良いんじゃないですか。
どーもやぱワインは経験値足りてないのでわかんないですね。
これなんか良いと思うんだけど、じゃあ5000円でどうなんだってのがね。
日本酒なら超上級だから。

でも結局飲む量が正直なのかなあ。
最近飲んだものでいうとルイ・ラトゥールのトリュフィエールとか、あるいはシャトー・グラシアなんかより進んでると思います。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3002-6921352f