FC2ブログ

日本酒感想日誌

ラ・デジレ2017 マルク・ペノ

  0   0


ロワールの生産者で経営が傾いたとろを日本のインポーターが支援したとかなんとかそんな感じの自然派ワインです。

ブドウ品種はムロン・ド・ブルゴーニュ。
主にフランスロワール地方、ペイナンテ地区で栽培されるブドウ品種で、同地にあるA.O.Cミュスカデの原料に使われるため、ミュスカデとも呼ばれます。
混同しやすいですが、マスカット系品種であるミュスカデルやミュスカとは異なるブドウ品種です。
だって。







あーここまでくるとあんまり好きなタイプじゃないんだな。
畢竟、もう少し甘いのが良い。

ミュスカデというとシュールリーとか、酸っぱくて、うすくて、安いとかそういうワインらしくて。
これはそうではないよ、とのことなんですが、確かにそうだなと(笑)

かなり酸味があるので、お好きな人は夏にはピッタリか。
いささかスッキリしすぎ、柔らかさなんかは良いんだけどね。

含むと軽くリンゴ系のようなアロマがするがいささか薄い。
さらに極わずかに蜜っぽさ。
すこーしガスが溶存してるかなという感じで、あとはミネラル感はあるかもしれませんね。
シュールリーっぽいのかあるいは違うのか少し独特のニュアンスがあって旨みといえばいいのか。
ヨードっぽいような感じとか塩気なんかも感じます。
そのせいか少しややビターめな余韻、基本爽やかだけどね。


これを日本のインポーターがわざわざ支援したというのは、人気があるんでしょうね。
ということは日本のワイン好きはやっぱり甘くないこういうほうが好きなんでしょうね~。
そうなると自分にはどーも合わないなと。


ああ、でもだんだん良くなってくるね。
冷やしたら全然だめだよこんなの。
まだ物足りないけど、二コラルナールにあったようなニュアンスが少し。
蜜っぽさとか、まあ甘さだよね、果実感というか少しフラワリーに甘いハーブのような感じになってきますよ。
あとはミネラル感なのか、いい意味で粉っぽいような味わいと。

いくらこういうワインでもまだ若いのかもね。
数年前のヴィンテージならもっとよさげ。
まあとにかく自分は酸っぱい品種はダメだ。

ああ、これ面白いな。
ワイングラスで飲めば果実的なアロマと、キュッとした酸味がより感じられる、これが普通。
素焼きの土師器で飲んでみるとアロマは落ちるがグッと滋味や、個人的には好ましいと受け取れる部分が感じられる。
これは確かに平たい皿で飲むってのがわかるし、失敗したなあカップ的なタイプも買ってくりゃ良かった。
じゃあ同じような形状のそれなりにざらついた茶碗で飲むと、やっぱりそれはワイングラスのほうに近くて、ちょっと違うんだよね。
これを土師器で日本酒ってなるとそれはそれでやり過ぎなような気もするんだけど。
ちょっとした差なんだけどこれは確かに面白い。








Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3014-1944902e