FC2ブログ

日本酒感想日誌

オスラーヴィエ2010 ラディコン

  0   0


ラディコン先生。
オスラーヴィエはシャルドネ、ピノ・グリージョ、ソーヴィニヨン。
2010だとまだ若いのかなー?
でもしゃーない。
500ミリのほうです。







なるほど、やっぱ嫌いじゃないですね。
状態にもよるんでしょうけど、少し物足りないかな?
当然近しいのですが、この間のんだダリオ・プリンチッチのほうが好みかもしれません。
グラヴナーもちょっと前に飲んでたはずだけどどうだったかな、忘れちゃったな。

香りは良いですね~あのきゅーんとした感じもある。
味わい的にもう一声欲しいかなあという感じ?
香りは複雑で大変結構です。

オレンジや杏のような果実香。
そこにほろ苦いようなハーブ系、ほんの少しのスパイス香。
徐々に蜜っぽい感じが出てきて、もっともっと細かく拾っていけば本当に色々な香りが感じられそうです。

含むといささかそっけないドライな旨味といった感じでしょうか。
ここはもっと色々ほしいんですよね、まだ若くて熟成すればぐぐっと出てくるのかもしれませんが。
酸味は柔らかく、もちろんたっぷりとあるのですが、鋭く主張するものとは全く違う。
とろっとしていて、適度な重み、スローなテンポのお酒。

タンニン、エキスの味わいはややそっけなく、蒸留酒のような香りの印象も。
ミネラルっぽさ、塩気や少しヨードっぽいようなのも感じさせるかな。
ふくよかさ、厚み、噛み応え。


なるほどね。
フリウリのオレンジワイン、大体わかりました。
味わいの出かたとかでブルゴーニュの本当にいいものとリンクしてくるようなとこが一部あるんですよね。
また個性的なニュアンスが、苦手な人は苦手だろうけど、好ましい魅力にもなっている。

このボトルに関して言えば、個人的には少々酸っぱく、甘やかさが物足りなく思うけど。
これに比べたらダリオ・プリンチッチのあれは確かに悶絶級だったし、価格が高いのも正当であった。


3日目。
今日のほうがいいかな?と思うくらい。















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3015-9e9a7071