FC2ブログ

日本酒感想日誌

ブルゴーニュ パストゥグラン1999 エマニュエル・ルジェ

  0   0


エマニュエル・ルジェは有名な人。
パストゥグランは同一区画で収穫されたピノ・ノワールとガメイを1:2でブレンドして造る一番安物。
とてもそんなに熟成するようなものではないんですが、有名な人の古酒なので、飲めたら面白いなという珍品。

ちなみに1999のエマニュエル・ルジェは病気療養のため、代打でアンリ・ジャイエが造ったのではないかという噂のある年。
いやもちろんこんなクラスのものに影響してくるような話ではないのでしょうが。




どんなもんなのか怪しいもんですがどうでしょう。

色うっす。
酸っぱそうな香りに、熟成感はありそうな感じ。
キノコとか森とか革とかそういう感じね。

酸っぱい、薄い、とはいえギリ飲めるのか。
まあアリか、このスペックで20年たっても飲めるというのはしっかりしてるんでしょうね。

ガメイのせいなのか酸っぱい、フレッシュさ果実味が健在ともいえる。
どう見ても薄いは薄いんだが、それなりにちゃんとピノっぽい味わいもありますねー。
薄旨な出汁系の味わいで、優しいエキス感コク感というか、ほんの少しだけ甘さも感じられるくらい。
タンニンは少々強めでやや張り付くような感じがあり、少しミネラル感というか塩気のあるような感じ。
ストラクチャとかバランス感とかそんなに破綻ない感じですね。

少しクセ感とか血っぽさも感じるタイミングがあるのですが、一方で程よく甘いニュアンスとかケモ感もある。
ゆーて安くはないよねとか、ちゃんと本物なんかいなとか色んな話はさておいて、けっこう行けますね(笑)
最近自然派(笑)とか飲んでたからかな?
酸味があることもあるんだけど、ちょっと近いようなものも感じつつ。

いやほんとイケちゃいますね。
少なくとも酸味に対して、きちんと味わいとかニュアンスとかあるのでちゃんと飲めます。
どう見てもグランヴァン的な味わいではないが、逆にスイスイと進んでしまう。
いやこれは結構ありだわ。

ヴォーヌ・ロマネ村名とかくらいならかろうじて買えるか?
そこそこのヤツの飲み頃を飲んでみたいもんですがなかなか難しいでしょう。

















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3023-cb08c9ce