FC2ブログ

日本酒感想日誌

ピノ・グリージョ・セレツィオーネ2013 ダリオ・プリンチッチ

  3   0



この間えらく旨くて感動したダリオ・プリンチッチの別の奴。





もはやオレンジでもなく暗いピンク色だし軽く濁ってる。
ダークなピンクグレープフルーツという感じ。

やっぱこの感じなんだな。
少しナッツとかシェリーのような酸化したようなニュアンスから、いい意味で薬っぽくピリピリするような感じ。
微かな苦み辛味とでも言えばいいのか、この感じがたまらなく旨いですね。
少し青臭いようなね、トマトみたいな。
たしかにちょっとトマトジュース感あるな、甘くないオレンジジュースとトマトジュースのミックス。


香りの果実感はチャーミングでキュートな華やかさも感じる。
チェリーとかあるいはラズベリーのような赤い雰囲気、あとはアプリコットとか。
柔らかい酸味や仄かに感じる甘やかさに、野生酵母といわれると納得してしまうヘイジーな旨味感がたっぷり。

こなれてくると蜜っぽく豊満さも感じてきますね。
それでもウイスキー貯蔵庫のような黴臭さとか、キンカンのようなニュアンスとか。
含んでもとろーっと、また柔らかく広がるのですが、きちんと締まりある、中の詰まってる感じですね。
重層感、晴れた農村の風景のようでもあり、セピア色の思い出の写真の風景でもある、あるいは里山。


なかなか特徴を伝えるのが難しいんですけどね~言ってしまえばバランス。
華やかさと独特の辛口感。
スローで豊かなボディなんだけど、こざっぱりした旨味がしっかりたっぷり詰まって、重くもないしすっと飲める。。
とにかくバランスよく決まってますよね。
タンニンも嫌みなく、かといって心地よい程度にちゃんとある。
石っぽいミネラルさは結構はっきりとしているのできりっともしつつ、優しい白い花のような香りとか。

普段飲みの親しみやすさとか農民のワインみたいなようで、きちんと雰囲気があるなあと。
荘厳とか厳格とかそういうワインじゃないという人が大多数だと思いますが。
このキュベはそこそこするキュヴェですが、その価値はあると思います。
暖かく染み入って、それでいてある種の鮮やかさや輝きに満ちている。
好みは相当わかれるが、個人的にはもしも2万3万に値上がりしてもでも飲んでいいかなあ思うワイン。
不思議となんかに合わないって感じもしないんだよねえ。
あまーい野菜のグリルとか欲しい。


3日目。
ああ、すげえなこれ。
ブルゴーニュっぽいエロさも出てきたよ、ピノグリ由来なのか華やかさも感じられるし。
なじむ酸味と旨味に、独特のスーンと来る薬っぽい中心線、キレ上がり感。
これ1万円台前半なら楽しめる度MAX級だと思うけどな。
抜栓後2、3日たっても平気で下手したら上がってくるのもデカい。

ヌォーヴァじゃないトレベツ・セレツィオーネまだ売ってんのか買うかな。








3 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019.08.31 16:13 | | # [edit]
日誌係 says..."Re:"

好き嫌いは分かれるのかもしれませんが、個人的にはこの人のワインは大好きです。
たまにはオレンジでもという気分の時があったら是非お試しください。
確かにおっしゃるとおりの、しみじみ旨い、田園地帯の夕暮れのような雰囲気もあります。

僕の味覚はせいぜい波レベルですよ。
お酒に関して言えば経験があるので多少はマシというくらいでしょうか。

美味しいお酒ならば、食べ物はそんなに凝らなくてもなんでも楽しませてくれますよね。
食べ物もいいものは美味しいのですがお酒ほどの情熱がないという感じでしょうか。
まあこだわりすぎてハードルが高くなるより何でもおいしく食べられるほうが幸せかもしれません(笑)



2019.09.03 09:32 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019.09.03 21:26 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3033-ab1ff3f7