FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1261】福寿 純米酒 蔵直採り生酒 30BY

  0   0


今日は有楽町を歩いていて驚いてしまいました。
交通会館に入っている、むらからまちから館というアンテナショップのようなところで、福寿(神戸酒心館)の直汲みの量り売りをやっていたからです。

以前ふらっと灘に行ったときに発見したのですが、この直汲みの量り売りは蔵元でやっていて、特にたまにやる限定酒が非常に美味しいんです。
ぶっちゃけ普通に売っている商品と比べて明らかに1段2段上の味わいなので、また飲みたいなー神戸行かないと飲めないんだよなと思っていただけに思わず二度見してしまいました。

これが聞いたところいつもやってるらしいので凄いですね、こっそりやらないでもうちょっと大々的にやってよ。
今日は大吟と純米がありまして、いつも同じなのかそれともたまには限定が流れてくるのかは不明ですがとにかくありがたい話です。
行けばわかるんですが販売環境が微妙ではあるので、このお酒がいつ来たんだとかちょっと酸化してそうだなとか懸念点はありますが、まあとにかく東京で飲めることが大事です。
300ミリと720ミリが選べて基本的には蔵元と同じスタイルで売ってます。
今回は大吟醸ではなくて磨き70の純米を買ってみました。









とまあここまで持ち上げてあれなんだけど、なんかやっぱちょっと薄いというか風味が少し飛んでる気がするんだよなあ。
もったいない。

これがいわゆる灘の男酒なんでしょうが、ある種のミネラル感、あるいは大吟醸的なスタイルで出るシュパッとしたラインが出ているのですごくいいんですけどね。

このお酒については香るタイプではなく、純米酒的なコク感も感じさせながら穏やかに甘酸を感じさせるタイプで、当然ですが悪くはないです。
ただやっぱりね~たとえるなら気の抜けた炭酸の味というか、普通に開けて数日たった味というかそういう感じはしますよね。
うーんもったいない。


このむらからまちから館なんですが、なんでこんなとこでやってんのかね?
別にいつもやる必要ないんで、月イチとかでやって、例えば入荷日をSNSで案内するとかそういうので良いんですよ。
ところがこのむらからまちから館というのがどうも全国商工会連合会とかいうのがやってるところで、いってみりゃまあお役所仕事、SNSなんてものはやっていやしねえ。

蔵元もせっかくのあれなのに、ほんともったいない。
どっか酒屋でも百貨店でもいいから一店きめてもっと気合入れてちゃんとやればいいのに。
結局足を使ってその土地で飲む酒の味わいにはかえられないということで。

まあ大吟醸は高いんですが、それでも300ミリで買えるので気が向いたらちょこっと覗いて買ってみてくださいよ。
もしかしたら昨日来たばっかりで超美味しかったりするかもしれないよ?






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3055-b0960b30