FC2ブログ

日本酒感想日誌

ピュリニー・モンラッシェ 1er シャン・カネ2006 エティエンヌ・ソゼ

  0   0


あまり昼から酒を飲むのが好きじゃなくて、なんかこう集中できないような感じがするんだけど、たまにはそういう気分の時もあるので、もうちょっと落ち着かせたかったんだけど良い奴開けましょう。

ソゼのシャンカネ。
シャン・ガンじゃないよ!

先日とあるワインショップから同じものの案内が来てたのですが、たまたま別の実店舗でかなりお安く発見、ラッキー。
厳密に同じものなのかは知らんけど。
あまり値段にとやかく言うほうじゃないが、5000円も違うとちょっとね。
でも他のワインを同じくらい高く買ってたりするし、まあよくあることです。

僕ごときが言うまでもなくルフレーヴと双璧をなすピュリニーの名手、エティエンヌ・ソゼ。
シャンカネは中腹、ムルソー・ぺリエールのお隣ですが、ピュリニーにたくさんある1erの中でも特級に迫るとハッキリ言われる格上の畑。
ここまで言われるのはグランクリュ隣接のピュセルとかカイユレとかになるんですかね?







ああ~いいねっ!
ちゃんといい状態。
どこが本来の飲み頃なのかはヴィンテージのもよるので何とも言えませんが、最低限この辺の年代でないとね。

リッチなバターやハチミツ、あるいはアーモンドのような要素に、黄桃や洋梨、アプリコットを思わせる果実味がしっかり。
もちろんグレープフルーツなんかもありますけどね。
ちょっと柿バターな感じ?

やわらかく豊満なようでビシッとミネラル感は決まってソリッド、このバランスが素晴らしい。
塩気がくるんですがその中にまたいろんないろんな味わいを立てたり、溶かし込んだり。
フルーツのニュアンスもある紅茶、蜜感。
クリアーに硬質に響きつつも、塩気由来なのかもしれないけど少しヘイジーに生もの的な旨味もある。


熟成感もあるんでしょうが、リッチさ厚みを結構感じて、これはお隣のムルソー的な要素なのかなと感じます。
一方でミネラル感はビッと完全に決まっていて、そのストラクチャ、キラキラとスプラッシュ、あるいはあふれ出る色彩は素晴らしい。
もちろんグランクリュと比べたら落ちるのでしょうが、しっかり鳥肌の立つ瞬間があります。


いいですね。
柔らかく豊満なんだけど、綺麗にいろんな要素が折り重なってる。
まだまだ豊かな酸味は豊かながらもピュアでエレガントというほかなく、伸びやかさ厚み、文句なく美しい。


なんていうのかなあ、酸味とかミネラル感とかが響きあって、そのうえでまたフルーティとかいろんなニュアンスが立ち上る感じ。
非常に美味と感じると同時に、やっぱりある種の日本酒ならば、このクラスなら十分匹敵しうると思いますね。
いやあでもほんと旨い、文句はない。
これが1万円台でいつでも容易に買えたらいいんだけどねー。
いやでもソゼ、さすがですわ。













Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3060-98b36ddb