FC2ブログ

日本酒感想日誌

カンテ シャルドネ・セレツォーネ ラ・ボーラ・ディ・カンテ2009

  1   0



何となーくお店で説明書きを読んで興が乗って買った1本。
イタリアフリウリ、カルソ地区。
別にオレンジワインでも特に自然派というわけでもなく普通の白ワインです。

カルソ地区というのはカルストの語源となったらしく石灰質土壌。
シャルドネ100パー。






色薄いなあ。


うーん、あんま好きくないな。
薄くないか?
熟成がまだまだとか、これから開いてくるとかそういうものとはまたちょっと違う物足りなさ。
ダメだよこりゃ、悪いけどてんでダメ。
それでいて飲みやすくてこういうのがそこそこ評価されちゃいそうなのがダメ。

少しトロピカル系に蜜っぽく、また薄くカリン、白い花。
パイナップルや、洋梨、まあわからんでもないが。
特にアロマティックってわけでも、ガツンとくる感じでもない。
淡くフェミニンに香るようなイメージかな。

含んでもさっぱり。
柔らかくて、酸味はあるけど張りや鋭さはなく、そこそこの甘みで、すすすっと捌ける。
まあ塩気はあるけど、ストラクチャは感じないし、全体にもう雰囲気がないよね。

あえて言えば少し酸化っぽいようなニュアンスがあって、ブリオッシュ?
いやシュナンブランっぽい?
なるほどね。
さっぱり程々に甘く、甘いミントみたいな感じでススっと。
飲みやすいんだど、何も揺さぶられないな。


開いてくるとそれなりにニュアンスなんかはしっかり出て来て纏まってくるんだけどそれにしてもなあ。
俺はこれ安ワインにしか感じないんだけど、ある種のワイン好きはまあ悪くないじゃんといいそうなのが目に浮かぶのが何とも。
実売5000円くらいというのがやっぱ一番いやな価格帯で、こういうのがくるんだよなあ。
しょっぼいのにアレコレ書いてちょっと高めで売るみたいなね~そこまで高くないしこんなもんだろと納得しがちみたいな。


こういうの飲むとピュリニー・モンラッシェとかいかに素晴らしいかわかる。
何もかも違うし、こんなもん100本飲むより2、3万で1erの飲み頃のものを飲んだほうが5億倍有益。
そりゃ比べてどうすんだって言われたら困るけど、ソゼのシャンカネとか同じシャルドネかよ~って感じです。






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3092-39a15365