FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1274】勝駒 大吟醸 特吟 30BY

  0   0


なんと5年ぶりの勝駒
よくわかんないんだけど、勝駒っていつから、なんでこんな入手困難のプレミア酒みたいになったの?
昔はこんなんじゃなかった気がするんだけどなんかきっかけがあったんだろうか。
それとも知らないだけでずっとそうだったのか。

特A山田錦40で金沢酵母らしいです。








どうだろう。
あんま旨くねえなってのが第一印象。
軽い、薄い、収斂性が強い。

ズバッと感もあるクラシックスタイルな大吟醸て基本的は最近好みの路線です。
とにかくズバババンとフィニッシュへ向かう辛味の強いキレ、収斂性が少々強すぎないか?というのが正直なところ。

ああ、でもだいぶ美味しくなってきましたね。
さほど香るタイプでもありません。
でもほんのり涼やかに香るのと、これは個人的には好ましく感じるのですが薄くヨーグルトのようなニュアンスで乳酸感。
このうっすらとしたコクや、湧いてくる感じ久しぶりだな、なんだっけ。
もっと湧いてきても良いんだけど。
こりゃワイングラスだな。

軽やかで柔らかく、かなり繊細な印象を受けます。
香味も強くないし、ボディ感も軽いです。
しかし何とも言えない甘露、朝露のような清々しい甘やかさ。
たとえるならマスカット系で、それがキレ感の中でミネラル香、ズバッとしたミネラル感と一緒に綺麗に立つような感じか。
マスカット、いやブドウか。


なかなかこういうのも珍しいですね。
絶対的に極めて薄口のワイングラスがおすすめ、おすすめとかじゃなくて必須。
この清冽な甘やかさ、鋭すぎる切れ味は確かに1度飲む価値ありかもしれない。
かなりソリッドな硬水なんだけど柔らかさ軽さもあって、ほんのりとした甘さ、酸味。
甘さは前述の乳酸感のように柔らかく、極々仄かにコクもあるんですよね。


なかなか入手困難なのですが、スペック問わずもう少し飲んでみたいですね。
飲む価値のあるお酒だと思いました。


2日目。
意外としっかりしてるのか?
思っていたより味わいが飛んでないな。
ほの甘い硬水フレーバーウォーターのようで、柔らかくミルキーな味もある。
ズバッと来るミネラル感と。

ふーむ悪くない、いや良い。
いいんだがただそんなに凄みはないけどね。
でもこのふんわりした感じは良いんかなあ。
個人的にはもう少しスケールが欲しいとこですが、日本っぽい美学といえばそうなのかもしれない。














Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3097-fbeee594