FC2ブログ

日本酒感想日誌

ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエール レ・ヴィエイユ・ヴィーニュ・デ・ブランドリ2015

  2   0


夏に自然派ワインをやってた時に買っておいたものの名残。
ワインついては冬になってきて赤ワインやりたい欲もちょっとずつ。

以前にやったものが好印象で、さほど高いわけではないですが上級のものを。
リュンヌのアンフォラ熟成のやつも気になったんだけど。

ロワールのシュナンブランです。
AOCコトー・デュ・レイヨンの畑だそうですが、シュナン・ブランの単一品種で貴腐ワインや遅積みの極甘口の白ワインというAOCらしく、これは辛口にしてるので名乗れない、名乗らないということみたい。
あとはラ・フェルムは農場の意味で、ドメーヌとは名乗っていないらしい。






うん、相変わらずいいよね。
これ長期熟成も可みたいで、そういえばそこそこの熟成品見かけたけど買ってくるのもありかなあ、安いんだよ。

なんといったらいいか、シュナンブランのハチミツ系の香りに、シュッとした稲らるっぽさ、あるいは少しハーブっぽさ、そして艶っぽさなどそんな感じの香り。
よく知らんけどペトっぽいようなとこはある。

辛口、まあ辛口とはいえそれなりに甘みもある。
ハチミツっぽく、かつリンゴを思わせるような酸もあり、やや塩気があってシュッとミネラリー。
やはりほんの少しだけミンティなヒントがあったり、一方で少し酵母っぽいようなエキス感、さらに黄桃のような果実感。
これらが凄くバランスよくスムースに。

液体として美しい。
基本甘口の生産者なんですけど、甘い!って感じじゃなくてスッと爽やかに軽やかに駆け抜けて染みていく。
リュンヌより少しさっぱりしてるのかな?と思うけど、基本的には一緒で前回の記事は良くかけてるなと思う、今日はあそこまで書く元気ない。
あえて言えばある種の静けさみたいなものはあるのかな、どう育っていくんだろう。


個人的にはこの生産者、甘口のが飲みたいって時に重宝するし年に何度か出番あってもいいかなあと思うんだよね。
高くないし、程よい甘さなんだけど嫌らしくなく、日本酒ファンも納得のはず。
どうなんだろうね、アルザスとかも普通にこんな感じなんかな、もっと飲んでみないと。

味わい的にどうなんだ、やや甘み控えめでその分辛口、酸味も少し多めということなんだけど。
その分上品、エレガント、微妙にフィネスってことなのか?
確かに別に茶碗でも別にワイングラスいらんくらいには香るのと

でも少し瑞々しい巨峰みたいな感じ、少し赤いイメージもあるのと、自然派はそういうのが多くてそれが特徴なのかなあとも思うんだけど、少しエキス感を出してその辺がちょっと寝かせた赤ワインみたいなエロさみたいなのがあって、これはそこまでじゃないけどそっち方面で育っていきそうな感じはある。
いや、辛口のとこからタニックなものを感じるのかな。

なるほど、やや甘い苦みも感じるのはグレープフルーツ。
赤っぽかったりエロかったりってのは、やはりやや鉄分、そしてタニックだったりするところから。
円やかで厚みのある包むようなテクスチャのようで、中心部のボディはスッと軽すぎるくらい軽やか。
適度にあるスーっとハーブっぽいのは冷涼ともいえるのか、なかなか難しいとこだね。
似てるようで違うのか。

まあ細かいことは置いといて、僕はこれ評価しますし、おすすめ。
自然派ワインは最近は地酒屋でも扱ってることが多い(例えばサンソニエールだとネットではとどろきさんとかいまでやで確認できる)ので気が向いたら合わせて買ってみてもいいかもしれません。

地酒屋が扱ってるのは純粋に価格的なこととか、商品希少度的にいわゆるボルドーやブルのいいとこ!みたいのが取り扱えないことが大きいんでしょうけど、自然派って違うアプローチからクラシックなワインに対抗できるものをみたいな潮流だと思っていて、ちゃんと美味しいものも多いし、いい意味でモダンだったりして、日本酒好きな人にも比較的受け入れやすいものもあると思う。
これなんか言ってしまうと、香り甘くて、酸あって、辛口でーそこだけ聞いたら今っぽい日本酒っぽくね?
もうちょっと安けりゃ飲んでみたい人もいると思うけどねえ、なんだかんだ日本酒はドメスティックで安い、色々優遇されてるのもあるけど。
だから儲かるし、最近だとビシネス的なのも多いんだよなあ。
酒造免許は参入障壁が高すぎる、儲かる業界なんだから、参入障壁が下がればもっともっと凄い造り手も出てきそうなのにね。
たとえば業界団体が全国規模で日本酒協会みたいの造って、醸造学のコースと、開業支援みたいのやればいいのにねー。















2 Comments

みりん says...""
こんにちは

シュナン・ブランやピノ・ブランは日本酒っぽいなと感じるのがわりとあるように感じます。逆に日本酒を飲んでいてこうした品種のワインが思い出されることも。稀にヴィオニエの特徴香なんかを感じる事が有りますが、ヴィオニエ好きの妻は品種名は忘れてしまうのに、(おっ!)と言う顔をするので好みの風味なんだなあと具に解ったりします。
ワインみたいで美味しいと言う言葉を日本酒に使うのは好みませんが、ワインの方もきちんと経験して、「あっ、シュナン・ブランのワインに似ているね」なんて会話が出来たら、それはそれで楽しい事に思いますね。
2019.11.11 16:53 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: みりんさん"


ほうほう、ヴィオニエですか~。
ワインもまだまだ知らない美味しさがたくさんありそうで楽しみです。

この辺のちょっと甘口めの良くできたワインなんかは今どきの日本酒ファンは気に入ると思うんですよね。
寧ろコテコテのワインラヴァーの人よりもハマっちゃうかもなんて。
またたまに違うお酒も飲むことで、日本酒の違う表情もわかるようになったりするので、自分も積極的に色々なお酒を飲みたいなあと思っています。

2019.11.12 00:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3129-14ac3979