日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

月の中(芋焼酎、岩倉酒造場)

日本酒
  • comment2
  • trackback0

コメントでおすすめ頂いた芋焼酎、月の中。
つきんなか、と方言ちっくに読むそうです。

今はプレミアというほどではないにしろ、販売店は限られていてなかなか入手困難のようです。
家族経営で生産量が300石ほど、取扱店は全国で100軒ほどと、かなり生産量が絞られてるのが原因みたい。
まあでも今は普通に売ってたね、最近はそうでもないけどそれなりにシリアスに酒屋を回ってた時期があるので、焼酎でもそういやあそこで見たな、みたいのはあってこういう時に活きます。

宮崎県なんですね、西都市といえば西都原古墳群。
グーグルマップで蔵元の画像を見るとなかなかラフで田舎出身としてはなんかほっと安らぐ気がします(笑)








お湯割りから。

おっ、香ばしさもあるような芋感。
甘い蜜感、お湯割りで出る癒し感(これがリナロールというやつか、それともフーゼル油というもののニュアンスなのか)、そしてややドライな感じ。
美味いですね、王道感といいますが、お湯割りでも味わいがしっかりしています。

次に常温ストレートで。
焼酎界ではストレートのことを生(き)というらしい。
バーでカッコつけてニートでというようなもんだろうか、わかりづれえ……日本酒の生とは意味が違います。

確かに美味いな。
芋っぽさもある、でもスムースさと、ちょっと寝かせたもののような色っぽい気品を感じ、またちょっと素朴なような芋の味わいもある。
かがたやが“奥に微かに感じる花のような香り”って書いてるけどわかる気がするな。
それもお湯で割っても感じられるし。
味わいがしっかりしてるんでしょうね~こういうものこそ寝かせるとか、樽でフレーバーつけるとかしてみたいような。

たしかに焼酎でも違うんだなあ~安田も熟柿も月の中もそれぞれ違う良さがある。
でもモノが良いというか、飾らない中に味わいのしっかり感だったり、それがお湯で割っても綺麗に伸びるというような。
まあ全然飲んでないので、そんなに為になることは言えませんが、確かに美味しい。
きっと焼酎ももっと色々あるんだろうな、たぶんこれなんかどっちかというとマイルドでエレガントなほうで、もっとガツガツしたものもあるんだろう。

つーかこれも結構濃くて、毎日のむならもっとスムースなほうがウケそうだけどな。
薄めればいいだけか?



























関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

〇〇もん  

おー岩倉さんのヤツ飲まれたのですね~美味しく飲まれたようで何よりっす♪
宮崎の焼酎は鹿児島のお蔵さんと変わらない旨さだと思ってます~「都桜」とか「?ないな」とか「山猪」!
あと宮田本店さん(日南娘・銀の星)なんかも好きです~

自分は芋焼酎だと鹿児島の高良酒造さんが一番好きですが・・・実は焼酎も日本酒歴と同じく経験値が少ないのですw
日本酒と同じく「有名どころを一度は飲んでおこう」というコンセプトで行ってますんで情報はホントに浅いですね・・・なので、話半分ほどでw
あー3Mは「村尾」が一番好きです~コレは普通に旨い♪

麦とか米の話もしたいですね♡

2019/11/20 (Wed) 19:28 | EDIT | REPLY |   
日誌係  
Re: 〇〇もんさん


いや~これは美味しかったです。
ありがとうございます!

食中酒てきな美味しさなら焼酎は日本酒を凌駕するかもしれませんね。
ロック水割りお湯割りと汎用性もありますし、それでいてやっぱり個性もあるんだなあと実感しました。
常に1本くらいはあいている状態で常備しながら飲んでいたいなあと思ったので、いろいろ試してみたいですね♪

定番、有名どころは必ず飲まなきゃダメですよね(笑)
日本酒でいえばじゃあ十四代や而今も飲んだことなくて語ってもそれは嘘ですし。
3Mは手に入ればいいのですがなかなかw


米は鳥飼くらいしか飲んだことないですね~。
麦はちょいちょい樽系を飲んでいて、改めていちからとは思っています。
また更新していくので、ぜひご教授ください、もちろん焼酎だけじゃなく日本酒でも(笑)







2019/11/21 (Thu) 01:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply