FC2ブログ

日本酒感想日誌

ジュヴレ・シャンベルタン 1er クロ・サン・ジャック2004 ルイ・ジャド

  0   0


おクリスマスなのでワイン。

ルイ・ジャドはブルゴーニュで2番目の規模を誇るネゴシアン兼ドメーヌみたいなので、レベルそこそこの大手みたいな扱い?
クロ・サン・ジャックはジュブレ・シャンベルタンの1級で筆頭、というかレ・ザムルーズやクロ・パラントゥと並んで、1級のなかでは特級を超越するといわれるくらいブルゴーニュ全体でも著名な評価の1級畑。
ただしヴィンテージはテントウムシで有名なオフヴィンテージの2004。

評価的にはなかなか微妙なのか2万くらいでした。
ルソーやフーリエのクロ・サン・ジャックならこの何倍かという話ですからね。







エッジがオレンジというか、ちょっと茶色っぽくそこそこ熟成してそうな感じですね。

なんだか不思議な香り。
樽感なのかな、なんか少しウッディというか黒糖っぽいようなそんなニュアンスもあって、いやナッツ系かあるいはコーヒーか。あとはケモっぽさちょっとに割と酸味がはっきりしてそうなような。
さすがに香りますが、若いんだか熟してるんだかよくわからない。

いただきます。
おっまだ若いのか、やはりまだ少し酸が出てくるような感じですがまとまってきそうな雰囲気はあります。
すこーしベリー系の甘さも潜みつつ、少し土とかケモっぽさ。
なんかやっぱ香ばしさを感じさせつつ、綺麗なんですがタンニン系の厚みや骨格、そしてややソルティなフィニッシュ。

次第に纏まってくるとなかなか複雑性のあるワインなのかなあと思います。
リコリスというのかちょっと甘苦系なとこがありつつもちろんボルドーのハズレの時みたいな苦さまでは行ってなくて、ブルゴーニュっぽいピュアさや潜む香味みたいなのが次第に出てくる。
また暖かで優しくスパイスが効いてこの甘く香り高いような感じはピントが合ってくると!!!という感じはしますね、カルダモンとかナツメグとかイメージ的にはそんな。
ジュブレ・シャンベルタンもほんと色々だよなあ、男性的でパワフルなんて言われたりしますけど、その要素がありつつ柔らかい雰囲気がある。それでいて薄いとかっていうわけではなくて濃密だしエレガントでスロー。
香りはもっとわかりやすくケモケモでエッチなブルゴーニュってたくさんあると思うけど、これは香りじゃなくてねっとり舌に絡むとこから全体的にエッチでダンディな紳士感ですね。
いやあのそっちの趣味はないことだけは一応言っときます(笑)


出汁とかって言われたりもするんですけど、熟成のせいもありますがしっかりした肉付きもありますし、それを言うなら味わいよりも香り高い、香りの出汁だななんて思ったり。
ミネラリー、あるいは少しソルティで、結局タンニンなのかもしらんがストラクチャなんかも粒立ちが感じられて、超すげえってなるかっていうと不明ですが、ちょっと凄みも出てきたしこれで2万なら良いよねえ。
じゃあ若いの買ってどうなんだってなるのがワインのめんどくさいとこだけど。
個人的には良いお肉に甘く柔らかいスパイスを使ったようなイメージで、そのまま転嫁すれば羊とか鴨とかを穏やかに調理したり、あるいはローストビーフやローストポークでソースをの味を控えめにすればベストマッチ。

全然飲んだことないからわかんないんだけど、ああジュブレ・シャンベルタンの男性的とかってこういうことなのか~と納得の1本。
僕的には非常に満足して、お買い得な1本だったなと思いました。

いや、ほんと良いな。
ケモ森土。
少し厚みのあるタンニンだがシルキーにとろみあり、余韻の流れまで脳に響く。
まだ先もありそうだなあフレッシュなくらいだけどリッチで滑らかな厚みで、鼻にも口内にも優しくスパイスが抜けて、すーっと穏やかにフィニッシュ。
こりゃ良いわ、優しいタッチだけど芯のパワーもね。
次第にタンニンとか深さのつながりから黒系果実。

やっぱりブルゴーニュは宗教のお酒で、シリアスさや歴史が違う。
グーグルマップで見てあーここかってなるもんね、それくらい狭いし、ここをまた数人で分けてんのかよって。
またそれが商売のために口先だけでいってるんじゃなくて、修道院の僧侶がキリストの血だと思ってそれを造るために土をなめながら選んだ土地で、それがまた飲んでリアルに感じられますよ。
飲み物としてのポテンシャル的には日本酒も負けてないと思うけど、やっぱり突き詰めるところはまだまだ。



2日目。
少しガス注入して残しておいたんですが、全然いいですね。
黒紫のベリーなんか感じさせて、重厚さがありながら、鮮やかさもある。
また昨日感じた暖かく柔らかなスパイス感と言い。
さすがにやっぱいいものは良いということか。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3206-109c75b8