日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【1313】中乗さん 新酒活性にごり生原酒 雪の華 2019BY

日本酒
  • comment0
  • trackback0

そういえばすっかり忘れてたのですが、厳寒水を注文したときにセットで頼んだ活性にごり。
ちなみに厳寒水はファーストロットよりセカンドロットのが美味いみたいなので、いま頼むといい具合かもしれません。

ひとごこち70の9号、アル添。








ああ、なるほど。
おそらく基本的には厳寒水の濁りバージョンと考えればいいと思う。

これもちょっとクセっぽい酸味の感じが出ちゃっていて、とある情報によると乾燥酵母だからとかその辺なのかもしれないですが。
ただクリーミィでしっかり厚みトロミ濃厚さもありつつ、ブライトな酸味がまあグレープフルーツみたいな。
甘みも感じさせながら、少しだけ活性にごりっぽい生米的な硬さ。

他の商品との統一感も感じられて基本的には良し。
今の時点でも旨いんだけど、もうちょっとバランスを整えてやれば而今のにごり程度には美味くなるんじゃないか?
すくなくとも現時点で仙禽の雪だるまよりは美味いと思うけど。
それだけに少し樹脂っぽいようなオフフレーバーっぽいクセっぽさはちょっと残念。

ここの蔵はこの後も9号とかで出してくれればいいんだけど、長野酵母とか18号ででカプっぽく来るからなあ。
そっちじゃダメなんだよ!と思いつつ、商売のことを考えたらしょうがないか。



関連記事
スポンサーサイト



Comments 0