FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1327】亀の海 茜さす ヌヴォー 特別純米 無濾過生 2019BY

  0   0


なんとなーく買ってきた亀の海
亀の海というとこの時期は細雪という人気商品があってむかーしさらっとやった気がする。

いわゆる良いお米系というか農薬を使わないで自分たちで育てましたーみたいなお米なんだけど。
なんだけどこれ調べたら18号らしいじゃん。
うーん……。

おじさんはさ、正直言ってわざわざ良いお米使って即席大吟醸な18号を使う意味がちょっと分かんないんだよな。
きちんとした大吟醸はもちろん香りを出すということもあるけど、それよりもむしろ丁寧に造る分味わいが良くなるのが魅力なんだと思うんだけど、18号はバカが造ってもガツンと出てバカに売れるってだけでしょ?
いやもちろん18号でもしっかりしたお酒もありますけどね~。





あー香るな。
18号のガチカプって久しぶりに飲んだ。
少しミルキーにイチゴっぽいようなニュアンスがあり、ちょっとトロピカルにパインっぽさ、少しスーッとした感じ。

そんなに悪いお酒だとは思いません。
やや強めに冷えていることもありますが、甘みも凄く強いというわけでもなく、18号で嫌なときに感じるブヨっとした弾力とか、嫌な苦みなんかはコントロールされています。
寧ろやや冷涼なイメージのあるミネラル感なんかも感じて、キレ感も出ています。

まあ問題は香りなんですよね。
ぶわっときて、やや控えめな甘み、適度にある酸味に色とボリュームをつけるような感じでしょうか。
この香りが良い通るのか悪い通るのかはもうそりゃ好みなんだけどさー。
なんていうのかな、くどいミルキーイチゴなものがべたっと舌に絡みつくようなね、それで少し酸味と干渉してストラクチャや重層感を感じずに扁平でエッジは少し引っかかると。
これが心地良いものと感じられない。
お米の味わいもお酒の質感も何もかも向こう側に追いやってしまうような、ただそれだけのお酒。
茜さすってよりもベタ塗りピンクって感じだなんだよなあ。
内包する原料由来の良さがあるんだとしても、このカプのピンクの霧の中でそれを感じられるのは逆に凄いよ。普通に考えてそこまでいかずに香りがいい!とかで終わっちゃうと思う。もったいない。

酷評気味ではあるのですが、この蔵の造り自体は悪いとは思いません。
ただ単にこれを7号か9号か14号あたりで不通に造ってやれば非常に良いお酒になると思うんですけどね。
少しこなれて来てみても、うまいこと酸味でコーティングしてつるっと綺麗なクリアーさもあり、生っぽい芳醇さもある軽やかさ柔らかさと、まあお米の味も出てると思うんだけど、とにかくカプで濁る、全体のシェイプが歪められるように感じてしまう。

ごめんね。
18号が好きな人は飲んだら気に入ると思います。

でも酒造業界の人にも、飲む人にも一度考えてほしい。
大吟うまい→大吟カプ出てるやん→馬鹿でもカプ出る酵母最強やんカプいっぱいだから大吟並みに旨い!ってそりゃ違うだろまじで。
それ合成着色料甘味料香料で造った果汁20パーセントジュースみたいなもんやろ?
普通に考えてそれ子供だましで美味いわけないやろ。
大手でコンビニで安く手に入るならわかるけど、わざわざクラフト的で入手困難でやや高価なそんなモノ買う気する?
やっぱり本物って大事。
カプ系が出始めた時期ともまた違うしね、もうちょっと本質に潜っていってほしいなあと思うよ、特に飲み手がさ。
2chでプレ酒とか言ってcel-24うめえとか言ってるやつとか見てるとさ、お前10年前からきたのかよバカって。
日本酒飲み始めましたじゃなくて愛好家ですってのにそんなんが多いんじゃなんか終わってるしそりゃワインなんかに太刀打ちできないよ。








Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3246-575a2970