FC2ブログ

日本酒感想日誌

シャンボール・ミュジニー 1er レ・クラ2006 メオ・カミュゼF&S

  2   0


2006はまだ若いかな~。

ドメーヌものじゃなくてネゴシアンラインのF&Sのほうですが、ネゴスでも美味しいというメオカミュゼさんを信じましょう。
レ・クラは特段優れた1級畑というわけではないのに何故か人気はあるらしく、地球温暖化によって品質が向上した畑ではないかなんて考察も書いてあった。表土が薄くミネラリーな感じらしいです。
22000円+税。






少し熟成でくすんだろうなガーネットで、透明感があるようなそうでないような。
そしてやはりこのクラスになれば注いだだけでしっかり香ってきます。


おう、開けたでこれなら良いんじゃないでしょうか。
バラ系の妖艶な香りで、しっとりとしつつ甘やかさもしっかり広がります。
酸味もしっかりある種のパワーをもってまだ少し若くて強いのかなという気もしないでもないですが、チェリーっぽいような果実味も出します。
キレイ系のようである程度タンニンもあって構造感が味わい深く、確かにソルティなくらいのミネラル感もあります。


おおむね良好、問題なし。
エロさもあり、しっとりエレガントで、それでいてこざっぱりしてる。


いいなコレ。
香りがね、こー温もりのあるスパイス感が穏やか、それがグッとくるんですよ。
また蕩けるような甘みや味わいも出て来て、予想した以上に良いですね。
さすがっちゅーことなんでしょうか。

皮、スミレ、クローブ。
しっかりと粘性のあるタッチで蕩けるように絡んで、少し青い感じものこしつつ、タンニンとミネラルは割としっかり。
甘みと小気味いいキュートにも感じる酸と、余韻はエレガントにふんわり長く。


これ美味いっす。
何もかも違うけど、こないだやったミシェル・ブズローのジュヌヴリエールとはちょっと飲み物としての点数が違いますね。
向こうが70点台ならこれは80点台というか。
まただいぶ前に飲んだ同じメオカミュゼのマルサネ・ルージュ2011とも全く格が違って、僕としてはグランドキャニオンくらいの隔たりがあります。
あれに6000円払うんだったら3回あれ飲むの我慢してこっち1回のほうが幸せになれると思いますよ。
村名と1級じゃやっぱ全然違うんだなあ、これはちゃんとグランクリュに迫るというといいすぎだけど、その手前にきちんといてつながってますよ。
ワインってどうやっても日本酒の大吟醸くらいしちゃうので。5000円~10000万円くらいの飲んでも日本酒好きな人だと別に感動しないし高いなとしか思わないと思うんだよね。
ほんとに金の無駄なんで、飲むなら奮発して2万とか3万とか出したほうが幸せだと思う。

いやこれ美味いわ。
この価格で文句ないというかお得感ある。
3万くらいでも文句は言わないだろう。
白もいいけどやっぱ何だかんだ震えるのは赤。
まだ寝かせられるだろうね、どうなるのかな。


そういえば今日誕生日だったけど、これで良かったと思う。
というか誕生日に日本酒やらないのもどうなんだw










2 Comments

みりん says...""
お誕生日おめでとうございます!
私はワインの記事も楽しみにしています(^^ゞ

自分とは異なる順序や方向から良い経験をされているように思われ、色々と楽しみに拝読しています。

平凡の非凡を感じる“北の勝”の記事のような方向性も大好きです(^^)
2020.02.01 00:06 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: みりんさん"

ありがとうございます!
まあもう誕生日が愛でたいというような年齢でもありませんが。

ワインのほうはとことんやる力はないので、ほどほど程度で。
とはいえ良いものは最近は日本酒より好きかもしれませんね、日本酒でなかなか期待を裏切るようなお酒というのは10年も飲んでいると出会いにくくなっているので。

北の勝は本当に良いですよ!
機会があればおすすめです、北海道の土産屋で売っている普通酒のようなものですら美味しいです。



2020.02.02 23:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3256-beb525ce