FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1336】松の司 生もと純米酒 30BY

  0   0


これレギュラーを飲んだことが無かったので改めて。
もっと年単位で寝かせるつもりだったのですが、とりあえず。






冷やしてることもあるんだけど、当然そっけないですよね。
ほんの少し熟成感というか酸化的なニュアンスと、あとは松の司らしいキレ感の中に味わいを感じるというか。
常温でほっとくとか、少し高めの温度でまだまだ寝かせるとかそういうことで良いんだろう。
冷やして飲むとその冷たさにびっくりしてしまう、薄いナイフのようだ。
それでもほんのりと旨味がじわじわ広がってくるところが素晴らしい。


常温で。
まだまだこれからだなあ。
酸味に厚みや広がり、細かいニュアンスの加算を感じ、少し熟成なのか野趣のあるようなニュアンス。
熟成の度合いもあるんだけど、一方で甕仕込みは蜜っぽくでるのはかなりはっきり差異がある。
これは松の司の他のお酒でも確認したし、田村のアンフォラとかでも感じた。
このお酒の火入に関してはまだまだこれからとしか言いようがないし、長期戦ならいっそ生で遊ぶ方が正解かもね。









Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3266-5ad265b7