FC2ブログ

日本酒感想日誌

ジュヴレ・シャンベルタン V.V. 2001 ベルナール・デュガ・ピィ

  0   0


デュガピィ!!
ブルゴーニュもいろんな生産者がおりますが、ガチガチのカルト的な人気を誇る生産者です。
ジュブレのヴィラージュでも3種くらいあって一番スタンダードなものですが、それでもそこらの1級くらいします。
2001が今飲めるというのは大変贅沢なことです。
18000円。





なるほど。
当然間違いなく美味しいが、村名の限界も見て取れる気もする。
いやそれともの造りが薄旨系、梅シソ系っぽいだけなのかな。
端的に言えばもう少し蕩けるような甘やかさがほしくて、ややスッキリ酸味のというような味わい。
もう少し濃い方が好みは好みなんですよね。

ただそこらのものよりはワンランク上ということにはなるんだろうか。
少し鉄分を感じつつ、なめし皮やコーヒー、甘草にクローブと少し温かみも感じるスパイス感。
含むとまだまだ若いくらいに酸味も感じ、ついてしっかり目のタンニンにシュッとミネラル感。
ダークなフルーツのニュアンスもありつつ基本はさっぱりラズベリーとかあるいはスモモ、アセロラそんな感じの果実味。
ジュブレっぽいしっかりさもありつつ女性的なエレガントさ。

素性の良さとか、あるいは精緻さみたいなものは感じるでしょうか。
また香りや味わいといったとこもただの薄ウマではなくしっかり出てくるので。
だんだん甘くなってくるのがなかなか凄いなという感じで、精度高い感じと、樽の効かしとのバランスが良く。
ピュアなキラキラ感と、その中にある深み、あとはスパイス感がちょっとアジアンで五香粉みたいな感じがあったり。


あっ、良くなってきたか。
バラ的なニュアンス、いやイチゴのコンポートか?
甘み、そして滋味。
ブルーベリーのようなニュアンスいやバニラっぽいのかも感じ、アフターへ清々しいような余韻、青いという感じではなくてね。
地味とキレ感みたいな、いやちょっと花っぽいのかなあ、あんまり無い感じですね。
タンニンはしっかりだし、まだまだ元気だから全このクラスでも全然まだまだいけそうな感じありますね。

ただ正直もう一つ上のクラスじゃないと凄みは感じ取れないんだよな俺。
逆に低ランクて凄みをはっきり感じれる人は凄いと思う。
日本酒でならともかくワインはまだまだよくわからん。


2日目。
まったく落ちていない。
ノックアウトされるような香りの強さや、蕩けるような味わいではないが、不足はない妖艶さ。
ただこの価格出すなら、他の生産者の1級でいいかなあという気もする。
やっぱ上から飲んでいくというのが一番でしょう。
きっと凄い生産者はハイクラスはずぬけて良いんでしょうきっと、買えないけど。

美味いのは間違いない。
妖艶さ、フレッシュさまだまだで精緻さもあるし、ジュヴレっぽさもあるような気がする。


















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3287-b0874c87