FC2ブログ

日本酒感想日誌

澤屋まつもと IDシリーズ 29BY×4種

  0   0


在庫整理というと語弊がありますが、レマコムが滞留していますので入れ替えということでガーっと開けちゃいます。
これは2018年リリースのIDシリーズですね。
全部東条町の中東条、岡本村のものなのかな?


ID39-1
・やや山寄りの田んぼで作られた酒米を基に醸造されたID39-1は、山間のお酒の特徴である酸味がありながらも、味の丸みや甘みが調和した暖かい印象を与えてくれるお酒
・真ん中より山手のエリア、ジューシーな果実味
ID566
表土が厚い川沿いの土地で作られた酒米から醸造され、しっかりしたボリューム感とほのかに感じられる旨苦みが特徴的なお酒
・斜面下の川沿い、味わいに厚み
ID1314-1
・山間の土地で作られた酒米から醸造されたID1314-1は、なめらかさ、甘味、シャープさと酸味が調和したバランスの良いお酒
・東条川に近い田んぼ、シャープで良いバランス
ID874-1
どっかの限定で知らん









こんなもん飲めば飲むほどわかんなくなるから一発勝負で行くぞ。

ID1314-1
まあシャープだな、甘み控えめ、酸味あり、複雑みや少し金属的なミネラル感。
少し味が飛び気味というのそれとも玄妙というのか。
少し飛び気味に感じるのかなあ。
フローラルな感じが徐々に。

ID39-1
最初のトーンがはっきりキュート。
そのあとがそっけなくて悪くつまらないかも。
いやビッとミネラル感も出るけと中が物足りない。

ID566
バランス型だなあ、少しガスが残ってる。
そんなに厚みは感じないけど軽く苦みがあった後に、後から華やかさがくるような感じか?
少し乳酸的なテイストもあるな。
面白みがあるといえばこれかなあ。
滑らかで品のある苦み。

ID874-1
何だろうちょっとこざっぱりした純米酒テイストみたいな。
ビシッとも来ないし、キュートでもなく、軽くパッと旨味がというような感じ。
バニラ感、旨味感とかはバランスいいかもな。
意外と一呼吸おいてバランスよく味わえるタイプかな。


ふーん。
全体的にそこまで味が飛んでるという感じもせず、かといって最高の状態化というとよくわかんないけどある程度一貫性のある育ち方。
選ぶなら874-1か566だな。
まあ566かな~、スイートさも出て来て軽めに上層をサッとミネラル感が撫ぜていくような感じ。
今飲んでバランスよく仕上がってるような。
874もいいけど、酸と苦みで一癖味わい深くという感じ、でもビビっと来るねフィニッシュ後は。


どれもそれらり美味しく、細かい表情を拾うのもいささか4種同時は追いきれませんが、貴重な体験でした。
澤屋まつもとは相変わらず良いとは思うんですが、ちょっとライトなのとやっぱりガス感が邪魔やね~という感じはします。
火入で2年たっても余裕であるからね~。
きちんと深みは出るので、焦点がぴたっと合えばってとこですか。
けっこうフローラルなニュアンスがでるな。
ミネラル感は流石。




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3288-98121523