FC2ブログ

日本酒感想日誌

ボンヌ・マール2004 ルイ・ジャド

  0   0



ボンヌ・マールはシャンボール・ミュジニーとモレ・サン・ドニにまたがったグランクリュで、場所によって差があるとかそんな感じ。
ルイ・ジャドはこないだクロサンジャックかなんかやったな、ド大手で手堅い感じの認識で良いんでしょうか。
ボンヌ・マールはルイ・ジャドの赤でも3指に入るくらいのキュヴェらしいですが。
2004はこのブログではよく見るオフヴィンテージです。
25000円。






畑が畑なので若いかなあ。
どうでしょう。

なんか物凄く独特の臭いがします。
アジアっぽいスパイスのような、あるいカフェモカ?
いや黒糖っぽいというかちょっとアンモニアっぽいというか、あるいはこれがドライフラワーとか色々にほどけてくんのかな?
含んでも渋みがあって、こりゃ時間がかかりそう……ただし味わいがぶっ壊れてるとかでなくてこれなら明らかに違う何かがありそう。

最近ブルゴーニュは割と開けてすぐ飲み始めるくらいでちょうどよかったんですが、こういうのは久しぶりですね。
最初めちゃくちゃ血っぽかったベルナール・セルヴォーのレザムルースとかその辺までさかのぼる。
赤のこういうクラスだとまだ10年早かったりすんのか~ダモワのクロドベーズなんか全然最初からウェルカムな感じだったけどね。

おっ、ちょっと来たか?
もうこうなったら今晩は3時間でも4時間でも付き合ってやるよ。
ドライフラワーにアールグレイ、あるいはタバコとでもいうのか独特の香りがあります。
系統の違いもあるんだろうけど味わい密度みたいなものが村名とは全く異なって、そこは大丈夫最初からちゃんとある。
フランボワーズのような酸味を品よく残しながら、タンニン系の重厚さもたっぷりで、少し果実を濃く煮詰めたような雰囲気がありこの辺は黒系果実ということなのか。
まだまだ。


まだ基本的に早いんだと思う、少しタンニンがざらつくというか、甘苦いような感じでまだまだこれからなんじゃないのかな?
独特の香りの妖艶さから、含んでもキュートな酸味や果実味もありつつ、基本しっかりとした重厚な味わいの世界。
熟成感と言うと少し違うんだけど、黒糖、黒系果実、あるいは少し醤油とか中華スパイスを感じつつパワフル。
なんつーかここまでくると同じブルゴーニュでもテイストが全然違うことに驚くな。
この香りとかよくあるローズとかケモ感とかとまた全く違うもん。

やっぱ黒糖、黒糖だよね。
そこに黒系果実をの詰めたようなニュアンスがありつつの、サクランボやフランボワーズ。
ちょっと面食らったとこもありますが、大変貴重な経験でした。
なんとなく村によって違いとかはわかるかな~て感じだったけどこんなに違うこともあるんだなと。
次第に滑らかで芳醇な味わいが広がって、素直にこれを初見で旨いといえるかどうかは何とも言えないけど、さすがの味わい。


いや、まだだなあまだ先あるな。
蕩けるような一体感と、鮮やかな酸味やミネラル感と。
スローでメローな世界が広がりつつ精緻さも。
アニスか~なるほどね、こんなもん食ってって怒られそうだけど日清の唐揚げ粉で唐揚げつくって五香粉かけてみてください、恐ろしく合います。
唐揚げに抵抗があるなら同じレシピで少し良いヒラメかなんかを唐揚げにしてみても。

うん、ここまでくればOK。
しっかり感はあるけどシルキーさもでてきて、豊かさはばっちり。
やっぱり流石っすね。
これはのっけからベストならアホ安だったのだが……いやまあ普通にアホ安なんだろうけど。
甘みも酸味も苦みも旨味も、幅がある。
神って程じゃないが、どっから来ても文句ない豊かな世界。
おおおと唸る感じになってきた。
こういう風にまとまってくるんだ。
あとここまでくると俺には2004がどうのとかわからないよ。
ラプサン・スーチョン?


2日目に1杯分だけ。
やっぱ手間のかかるやつ(笑)
ここまでくると梅カツオ的な、ある種の普通のブルゴーニュになる。
なかなか難しいね。
デキャンタージュして均一に一発勝負ってのも素人には難しくてリスクあるし。


































Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3290-67cfbc4e