FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1349】庭のうぐいす KITAJIMA ulala FRESH 2019

  0   0


庭のうぐいすって冷静に振り返ると全然飲んだことないのか!
謎に鹿児島の酒屋で買ってホテルで飲んだことが1回だけ。

とある酒屋の限定でulalaという商品があるのですが、それのさらにSPバージョンなのかな。
なんでも福岡のスゴ腕農家の方が育てた山田錦を使用とのこと。
60の80か!






なるほどね.
ある種の系統のなかでわかりやすいというか、酒屋さんの好みもわかりやすいな。

軽快なタッチで、含むと適度なラムネ系。
ややチャーミングに甘み、そこに酸味、そしてミネラル感。
松の司でも日置桜でも、違う部分は違うけど近しい部分は感じ取れる。

こっちのほうがチャーミングといいますか親しみやすいのかな。
柔らかく、そこそこに味乗っていて、軽くビッとね。
でもしっかり潜っていくとちゃんと味わい深さがある。

わかりやすいのはバナナ、 乳酸とエキス的な純米酒感。
少し低精白さもありますが、基本は軽きく歯切れよくきれいです。
味わうとグレプルやブドウのニュアンスに、サラッとした甘み、いやそれても適度に滑らかな密度あるか。
軽くシャキッと、ミネラルなキレもありつつ。

うまいな、なかなか良い、意外と無い。
軽やかですよね、少し緩くて飲みやすい。
だけど薄いとか物足りないとかっていうわけではなくて、乳酸系の味わいに、明るい果実的なきらめきの酸味のニュアンスが気持ち良い。
さらっと飲みやすい軽やかなテクスチャに、絶妙にニュアンスと仄かな渋みのエッセンス。
シュッとしたとこや、縦方向など、舌に気持ちのいいお酒になっている。


火入れも出るそうですしなかなか楽しみですね。
庭のうぐいすももうちょっと飲んであげたほうがいいのだろうか。


2日目。
改めてちゃんと。

うん、やっぱりそれなりに甘みもあってチャーミングですが滑らか。
また乳酸的なニュアンスも溶け込んでなかなかいい感じですね。
そこから適度にシャキッといかにも山田錦らしい感じで辛味というかミネラル感がたって縦方向にストラクチャもついてる。

甘いミネラル感で、ともすると涼やかさも出るかな。
かなり好ましく、全く文句のない味わいです。

軽い密度感と言うか、滑らかさ軽さ蕩ける感じなどが良いバランス。
酸味も適度潜んでクリアー感もあるし、少しだけ野趣も纏いながらキレ感と。
少し熟れたフルーツ感も感じるし、タッチが凄く良いな。
温度が上がっていって、じっくりやってもバランスが崩れずに少し違う表情が出る。

超すげえとまではいかなくとも、全く文句のないお酒です。
これこそ磨き80って気はしないよなあ~5560あたりの純吟としか思わない、それも出来のいい。
火入が楽しみだし、うまくいけばもう一段化けそう。









Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3303-01dc5c5e