日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

フラミンゴオレンジ 国分酒造(芋焼酎)

焼酎
  • comment2
  • trackback0


安田の国分酒造さんの、鹿児島香り酵母一号を使った商品。

去年やって大変好印象でしたが、今年は予約完売みたいなとこが多いですね、かなり人気爆発している模様です。
国分さんはこっち系だけでなく正統派なほうもやってみたい。

香り系自体はじわじわ似たような商品も増えているようですね。
黄麹系のちょっとした小ブームがあって発展形だになると思うんですが(それこそ安田なんて発売結構前だし)、パッケージングがめちゃくちゃいいのでこの商品を起点に小波くらいは来るポテンシャルあると思います。





今日はちょっとソーダ割から。

相変わらずの香りですね。
オレンジ、ネロリ、あるいはブドウとかライチ。
いやマスカットっぽさが強い感じがするかな。

かなり香りが強いので人工的で嫌だという人もいるでしょうけど、インパクトは絶大なのと、商品名ラベルが成功しすぎ。
味わいという意味では安田のほうがさすがに良いとは思いますが。

ただここのが良いと思うのは芋の甘さというか、芳醇さみたいな味わいもちゃんとしているなあというところ。
これもソーダ割にしてももちろん日本酒に比べればスッキリドライだけど、口当たりなんかはスムースで柔らかいしちゃんと旨い。

いやしかしマスカットを感じますね。
食べ物の邪魔をしにくいマスカットソーダ。
軽く残る余韻がいい具合。


ソーダもとっても美味しいのですが、やっぱり焼酎はロックが好き。
少しアルコールのアタックもあるんですが、滑らかさやちょっとした酸味、ダイレクトな風味など。

まあ香る、香るがウッとくる感じではないよね。
まあ日本酒のカプだって昔はそうだったけどさ笑
少し同じような雰囲気も感じるけどね。
むしろ少しソフトというか、その分細かいニュアンスの解像度は高まっているような気もする。
マスカットとかピーチとかそんなニュアンスも感じてね。

味わいの完成度は安田にはやや劣るかな~でもジェネリックとして優秀過ぎるのと、酵母由来なので今後似た商品が大量に広まる可能性がある。
ソーダ割り勧めているお店が多いのはその辺なのかもしれないけれど。
うん、確かにこれソーダ割いいわ。

そんなに毎日これが飲みたいわけでもないけど、夏に向けてもう1本くらい持っていて損はないよね。
安田も欲しいな。
3月入荷分もいちおう19日に解禁されたばかりなので、連休中に店舗なら手に入るかな?
6月に少量入るって話もあるみたいですが、まあ気になるなら今買っといたほうがいい。



八重桜ワイン酵母の後に飲むと、良くも悪くもこのお酒の香りは別もの!
完全にライチとかマスカットとかそういう香り。
去年はもうちょっとネロリっぽい感じだったけど、もはやニュアンスがあるとかじゃなくて、完全にマスカットとかライチって感じなんだよね。

含むと少しドライさで痩せた感じはあるけど、やはり香りはなんかはそのままだし、きちんと味わいの膨らみもあってちゃんと芋焼酎してる。
味わいのほうはもう少しワンランク上になりそうな感じもしないでもないけど、味わいのほうが著しく悪いとかそういう酵母ではないようだ。

やっぱソーダ割が良いのかな。
しかしこの香りは凄い。





関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

みりん

こんにちは。

面白そうな焼酎ですね。
マスカット系の白ワインの特徴的な香りを構成するモノテルペンアルコール類と芋焼酎の香気成分とは実は類似していて、その構成比率が違うのだと言う話を20年ほど前に聞いたことが有り、確かに白ワインで芋焼酎のような香りを拾えたり、芋焼酎に白ワインの香りを感じたりする事は時折ありました。モノテルペンアルコール類の構成比がマスカット系ワインに類似した感じに仕上がる酵母なんでしょうね。綺麗な香味というのは魅力的ですから、一分野として確立されても良いように思います。
いつも興味深い記事を有難うございます。

追伸:国分酒造さんのサイトにモノテルペンアルコール類の分析値が開示されていますね。なかなか面白いです。

  • 2020/03/22 (Sun) 16:30
  • REPLY
日誌係
日誌係
Re: みりんさん


若干やりすぎな気もしてきましたが、これは面白いですよ。
今後ももっと人気出てくるでしょうね。

昨年はもっとネロリな感じだったのですが、今年はマスカットやライチを強く感じました。
芋焼酎の香気成分がマスカット系の白ワインに近いというのは興味深いですね。
今回はまさにそんな感じの雰囲気があり、機会があったら是非お試しください。


  • 2020/03/23 (Mon) 17:11
  • REPLY