日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

八重桜 yaezakura ワイン酵母仕込(芋焼酎)

焼酎
  • comment0
  • trackback0

国分さんの安田、フラミンゴオレンジをスタートに、ちょっと香り系の芋焼酎というか、次のブレイクを再気取りでもしてみようかなーという企画だけど、やる体力がないからこれで終わるかも。

いちお気になってるのだけ挙げときますね。

・だいやめ(濵田酒造)
これはわり大手の完全に安田のマネっぽくて、どこまでのレベルになってるのか気になる。

・蔵の師魂
ピンク(赤ワイン酵母×紫芋)、オレンジ(黄金千貫をあえて完熟させ、オレンジピールの様な柑橘香)、グリーン(ソーヴィニヨン・ブランから採取された酵母を使用することで、メロンやバナナを思わせる甘い果実香)と3種あってやりたいんだけどそこまでやる体力ないからだれかやって教えて。

本題の焼酎ね、めんどくさいから引用で。

原料芋にパッションフルーツを連想させる香りを持つオレンジ系の「ハマコマチ」を使用しました。
酵母にはワイン酵母(クリュ・ブラン)で醸しました。トロピカルな香りの特性を持つハマコマチとの相性が良いワイン酵母です。麹米はハマコマチの原料特性を引き出せる宮崎県産の焼酎用加工米に華やかな酒質を醸すエクセレント麹を使いました。濾過はすくうだけの荒濾過で香味成分を残し優雅で華やかな中にもしっかりとした酒質になっています。
南国の香り、トロピカルな味を連想しながら南国日南の風を感じながら飲んでいただけると思います。









常温ストレートから。
少し濁っている!
手掬いの荒濾過なんだって。

香りは確かに華やかではあるが、あくまでも芋焼酎の範疇で、フラミンゴオレンジとかああいうのとは別もの。
確かにニンジンのグラッセのような香りを感じますね。

含むとウマイ!
甘めの香りそのままに、軽く濁った見た目通りというか、芋の甘み旨味がしっかり感じられる。
あくまで芋焼酎の範疇ではあるますが、確かにパッションフルーツとかトロピカルな雰囲気。
甘みもぱっと広がって華やかなんだけど、芋的な旨味感もしっかりあるし、そのあとのドライ感も良い感じ。

すっげー華やかとか思わずに飲んでみてください。
そうすると凄く美味しい焼酎です。
華やかなんですが、お湯割りとかにしてもしっかり旨そうな感じ。

僕が最近飲んだ中でいうと、青鹿毛なんかに近いような味わい感もある。
あーでもやっぱちょっと違う香味あるねえ。
これは割と焼酎が元から好きな方にもしっかり評価される味わいと華やかさな気はします。
美味しいです。




関連記事
スポンサーサイト



Comments 0