日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【1356】名刀正宗 しぼりたて 天秤搾り 2019BY

日本酒
  • comment2
  • trackback0

1月に伊勢丹にきてた名刀正宗
買って放置してました。

いや全然なんか新酒っぽいのも持ってきてないわ、ウリの天秤搾りのも持ってきてないわ、何考えてんだって感じの中で、買うならこれしかねえよなっていうしぼりたての普通酒なのか、本醸造なのかそんな感じのヤツ。
ほんとにもうちょっと去年と同じようなの持ってきてほしかったんだけどね。
あと庭酒はかってあるのでここ数日のうちに。







なるなる。

ちょっとボディが緩いかな。
いや、それでもスローに重厚なミネラル感、キレ感が湧いてくる。

甘いんだな。
なんかちょっと妙に甘くてびっくり。
レマコムやセラーどころか冷蔵庫に3ヶ月突っ込んでたお酒だから参考程度ですが。

まあでもある種の色彩感はある。
そしてクリーミィさな旨味を感じて、もうちょっと育っていっても楽しそう。
これが行き過ぎるとくどい味わいになるんだけど、そうならないのが凄くて、嫌なエキス感に感じさせないような透明感と言うんですかね。

やっぱ少しウッディなのかな。
それが凄くいいカラフルさを出してるのと、たまらないクリーミィさ。
少し甘いのは気になるけど、ブドウとか甘い柑橘なんかも感じさせつつ、このスローな湧きあがる辛口。

普通酒ってレベルじゃねえな。
商売っ気のなさにはガッカリもしましたが、味わいのほうはやはり間違いのないものがありますね。
ハイクラスも試飲させてもらったけど、良いのは亀の尾で、逆に山田錦はもちゃっとした感じだった。
つーかその前に天秤搾りの純吟をちゃんと流通に乗せてくれ。
手間かかるみたいだから量産できんのかなあ。


いやうっめえなこれ。
蕩けるようなクリーミィ感に甘さ、ニュアンス、ものすごく一体感が出てきました。
乳酸的なみるきなー蕩け感もあるけど綺麗。
甘みもしっかり感じさせつつ、少しドライさやビター感が
影をつけたり、逆に爽やかな香りが出たりする。
ウッディ系か、いやともするとマスカットみたいなのがスッと抜けて。
言うまでもなくキレ感のとこまで最高。

正直そこまで期待してなかったけど、美味すぎてワロタ。
いやまじか。
光栄菊がこれより美味いビジョンが1ミリも浮かばない。
いや飲んでもないし何の関係もないから申し訳ないけど。

なにこれ、なんだろう。
普通ならセメ系純米みたいな感じになりそうで、そうならないんだ。
たぶん少し崩れてくるとビターさとか渋みが浮いて収斂性きつそうだけど、これくらいなら素晴らしいバランス感覚で、むしろそういった要素が細かいとこを埋めて他を引き立てる。
あと含み香が意外にも香ってきます、アル添効果かな、それこそヘタするとフラミンゴオレンジみたく香ってくるから。

これは焦る美味さ。
これを美味しいなと思って拾ってきた自分が誇らしい。
マウントとかじゃなくて過去の自分に感謝である。

ちょっとこういうお酒はあまり思いつかないなあ。
あえて言えば違うところはたくさんあるけど、黒澤とかなんかなあ。
このミルキーでハイチュウっぽさのある熟れブドウとかね。
酸もキューンとくる感じではないけど、クリアー、鮮やか、良い厚みつけてる。

これは凄いなあ。
酒屋はマジで取り扱い可能かどうかアタックしたほうがいい。
他で売ってない最高の商材だし、売ってあげてほしいが、蔵元にその気があまりないかもしれない。

何が凄いってこういう味わいの構成が美味しいと思えるのが凄い。
あれが売れてるからアレ系で良いの造ろとかってのとは次元が違う。
これはジャンルを創造してる。


ポイントはややピーキー。
でも冷蔵庫3ヶ月だし。
生だからね、すこーしだけエキスが出てくる局面もある。



4日目くらい。
もちろん崩れもあるけど、それによってわかることもある。
やっぱ70って感じじゃねえよなあ。
少しセメっぽいというか、生熟っぽい甘みの出かたもあり、それが熟れ熟れ柑橘みたいな感じもある。
あー甘みありつつ紅茶っぽい仕上げか。
生だしちょっと早いは早いけどこういう味わいが出てくるのは、ある方向では最上級のお酒。

少しスパイシーなキレ感も強めなんだけど、ねっとり舌に絡むようなくクリーミィな味わい、甘み。
酸からくるようなカラフルさ。
やっぱり非凡ですねこれは。
近い味わいってなかなか出てこないけど、やっぱ龍力の奥吉川ブルーの生で1年か2年熟成みたいな。
お米ジュース感、安易なジェネリックじゃなくて芯からお米の味わいを引き出してるような。


この時期に味が飛ぶわけでもなく、こんな良い熟成した生酒みたいなの飲めるとは思わんかった。
ただ開けておいただけなんだけどね。
これはあくまで開閉のある冷蔵庫に3ヶ月突っ込んでおいただけなので、またリリース直後、あるいはレマコムとかセラーでの保管だと違うと思うけど。








関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

龍力大好き

おお、これも飲まれたのですね。しぼりたてではなかったですが、私も夏に天秤搾りを飲みました。
その時はアルコール感が強いなという感想でしたが、しぼりたてだとまた印象は変わるでしょうね。ドライさと妙な旨さと香水のような甘美な香りが火入れにはありましたが、しぼりたてもそこは共通なんですね。
5日目くらいに角が取れて私好みのお酒になりましたが、しぼりたてでも同じなのか手に入ったら確かめようと思います。

ここのお酒はなかなか手に入らないので、飲んでも結構前のことなので、忘れてしまうことが多く日誌さんの記事で改めて飲まないといけないなと感じましたよ。とりあえず、乙天と脇も追加ですね。

最近、この記事くらい感動したのはby29あらばしり 龍力のプライベートブランドと小鼓の今朝思慕里、盛典生酛造りくらいでしょうか。今朝思慕里は1000円以下でしたが、とても美味しく出来ていて感動しましたが、さらにここで田中酒造が入ってくるか期待ですね。

相変わらず、ワインは被らないですね。前にお薦めしてと書かれていたので、素人推しですが、pommard2001,pegasus bay 2009 prima donna,bouscasse menhir 2006などは如何ですか。個人的にはヒットしたものです。イスラエルのyardenyardenとかもありますが、日誌さんには気に入らないと思うので、除外ですかね。

  • 2020/03/28 (Sat) 02:02
  • REPLY
日誌係
日誌係
Re: 龍力大好きさん



コメントありがとうございます!
全くの偶然なのですが程よく育っていまして素晴らしかったです。
香水のような香りがあったと他の方にも頂けるのは参考になります、もしかしたら育つことでなにかそういったものが出てくるのかもしれません。
このお酒は本当に売ってないのでそれだけが困りものです。


日本酒もワインもおすすめありがとうございます、頭に入れときます。
小鼓は前にやった時にあまり良い感触が無くて以降まったくノーマークでした。
ワインは意外とイスラエルが気になったりします(笑)
フランスやアメリカはお金を出せばそこそこのものが確実に飲めるので、安くて旨いのが知りたいんですがそこを開拓するだけの余力がないんですよね~。



  • 2020/04/03 (Fri) 17:59
  • REPLY