FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1361】龍力 純米大吟醸 米のささやき 吉川米田

  2   0


龍力の本田商店さんから直販のご案内が来たのでこれ幸いと買わねばと思っていた吉川米田。
これまでの経験からいうと、キレイでシャープな東条町よりも、味わいに厚みのある吉川町が好きで、その吉川町の米田地区で栽培されたお米を使用した商品。
34.868576, 135.128759で検索すればそのあたりが地図で見れるはず。

磨き35の純大、熊本酵母でおそらく数年の熟成。







やや熟成感つよめかな?
これはどこでロットが変わるのかわからないので、その時開けてみて出たとこ勝負なんですよね~そもそもが売ってる場所もタイミングも限られているし。


強めに冷やして。
やや軽快なボディ感。
含むと軽く熟成感、仄かにリンゴの蜜のような甘さと酸味を感じ、バニラ香が独特の清々しさをもって鼻へ抜ける。
味わいはまだまだこれからどのような表現を見せるかというところだが、しなやかにじわじわと旨味。
湧き上がるようなミネラル感はシュッと鋭い感じではないが、ふわっと立ち上った後にしっかり余韻まで続く。

あー確かに酸がありますね、いや決して表には出ないけど感じる。
強い還元環境で酸が出やすく=香りが出やすいので大吟にも向いてるけど、生もとにも向いてるみたいな話だったけど

どこがベストかはともかくとして、龍力の上級キュヴェですねという感じ。
ちょっとだけ思うのはここの醸造技術なら磨き35で出す必要があるのかな?というのはある。
それこそ奥吉川ブルーが65であれだけのパワーだったのだから、生もとで65とかあるいは速醸で50とかで本気のお酒が飲んでみたい。

しかし味わいのスケールが違うよね。
少しほうじ茶的な熟成感もあるが転じて香木、もとをたどればリンゴとかそっち系の吟醸香なのかそういう酸っぽい感じ。
バニラっぽさ、妖艶さに濡れた石のミネラル、ほんの少し土っぽさという立ち香。
含むとぐっと甘露さが出て来て、甘みクリーミィさ旨味が混然一体に、いつまでも続くよう。
かなりぺたっとした濃密な糖っぽさも感じつつ、酸はクリアーで抜けるようなきらめきも感じ取れる。
序盤から辛味が多少あって、アルコール感という人が多いんだろうけど、それがタニックな感じに効いて、キレの変化していく中でのミネラル香の立ち上り方と、軽いアタックと余韻がジーンと長く長く。

これを飲んで冷蔵庫にある奥谷との違いを感じるかというとどうだろう(笑)。
まったく同じタイミングならわかるかもしれないけど。
あとこれはグラス、碗によってかなり違う、こんなに違うお酒もあんまりない。
スーパーレジェーロボルドーが圧倒的に良い、モンラシェじゃ全然。
こういうことがあると谷穹さんの茶碗買っておけばよかったな~まだ良いかと思ったんけど、これとかなんとかならないか。
割ったアレも修復したのが良いのか。
どうにかこうピークで出す方法がないものか。








2 Comments

龍力大好き says...""
今更のコメントですが久々に吉川米田飲みました。カクテルグラスで一応8月出荷の開けて2ヶ月以上経ったのを飲んでみましたが滅茶苦茶美味しかったですね。ラムネのようなほんのりした甘さと旨さが優しく包み込んで最高でした。吉川米田きちんと温度管理して飲めば開けても全然崩れないというのが今回わかりました。奥谷と比べると崩れにくいのかなと思います。

三越日本橋店に龍力の生酛の米のささやき来ていますね。他の上級キュベもありますけど、生酛の米のささやきは珍しいので一応お伝えしておきます。後、エスポアこにしという所で龍力の上東條、吉川米田の確か12年物、秋津10年物が置いてあるので興味があれば連絡してみてください。他にも白鷺の城の10年物や年代物が売ってあることもありますよ。
2020.12.24 01:37 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: 龍力大好きさん"

おっ吉川米田ですか!
まだラムネのような甘さがあるというのが、想像がつきますね。
龍力のこのあたりの商品のらしさというか。
崩れないのは流石のポテンシャルです。

三越いかなければ!
年内に大阪に行きたいと思っているので姫路まで足を延ばすのもありですかね~。
いつも情報をありがとうございます!!
2020.12.25 21:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3352-17d5ee4d