FC2ブログ

日本酒感想日誌

エメラム2018 グート・オッガウ

  3   0


おっさん誰?
いやマジで誰……。

ということで知らん間に注文してて勝手に届いたやつ。
オーストリア自然派ワインで、かなり人気が高い奴ではあるらしい。
オーストリアとかゼップ・ムスターくらいしか知らんよ。
ゲヴュルツトラミネール





少し濁ってるような。
凄い香りがするなこれ、ライチ。
甘い貴腐っぽいような香りもするけどビターさがあるというか、何かの香りの強い花みたいな香り。
香りが似てるかどうかでなく、方向性として沈丁花とか蘭みたいな。

うーん変なワインだ。
仄かな甘み、弾力のあるようなエキス感から、前述の花のようなニュアンスから少しイメージされちゃうような苦み。
輪郭を酸味がゆらっとして果実味を出しつつ、また何とも言えない円やかな旨味がソフトに残るような。

不思議ですね。
エキス感とか自然派っぽいっちゃぽいんだけど、この円さは凄い。
後はライチか香る花かという独特のアロマ。


うまいな。
スローでしなやか、自然派っぽい酵母っぽいとでもいうのかエキス感旨味の厚みはあるけれどメローですね。
酸味がキューンと奔ってそこからピリッとちょいとスパイシーさ。
ライチや白桃の混合したような甘やかさがフワッと、エキス感なのかちょっと妖艶で複雑な余韻が長く残る。
なんつーのかね、これを旧来のワインと一緒のジャンルでとらえたらちょっと解釈違いというか。
もう1本いっとく?

もちろん柑橘はあるんだけど、赤リンゴも出てくるか。
寝かせて蜜っぽさがどうなるのか、個人的には今は梨の蜜や白桃を少し感じるんだけど。
ビターさが少し皮的なタニックやハーブになってんのかな。
エキスはちょっとヨードっぽくもあるような。

こういう個性的なのはたまにバリエーションとしてあると楽しいし助かる。
とりあえず買っとくかってほど安くもないしレアなのが難点だが。



ほんの少しだけ残していた2日目。
やっぱアロマが個性的で、エッセンシャルオイルを焚いているみたい。
それと同時に見た目がそうなのだが、すりおろしにごにごリンゴジュースだったりもする。
含めばどうしたってそこまで甘くないので、大人の、という形容詞はつくが、独特の味わい深さがある。
あーこの自然派とかオレンジのエキス感ってうまくいくとちょっとブルゴーニュとかのほんとに良い奴の妖艶さみたいなのに近いニュアンスが出たりするんだね。
厚みのあるエキス感がエレガントだったりするからたまらない。
何もかも違うけどやっぱり少し二コラルナールは思い出しちゃう。
これは人気あるのもわかるな。




2020年8月12日、2本目。

立てておいて上澄みから。
かなり甘い香りが強く、ライチやリンゴ、白い花なんかに加えてハチミツなんかも。
ところが含むとドライで、酵母的な旨味、すりおろした果汁、白い花とかハーブ感に近いスパイシーさ。
輝きもあるようで、少し下へ絡む厚さみたいなものもうかがえるので、今日は少し飲むだけにしておこうかなあ。

2日目、どうかなあ。
ほんの少し豆ってるような気もしつつ、それがスパイシー感あたりとバランス取れてる気もしないでもない。
いい具合の酸化感があるような気もしつつ、基本がドライなのでサクッと飲める。
まだまだこれからか?
立てておいているので減るにつれて濃くなっていくのだが、そことのバランスとして、いい具合になっているような気はする。

3日目。
落ちてもなく、そんなに変わってもなく。
あくまでも自然派的な旨味感なので、そこまで必死に買う必要もないのかなあ。
香りはゲヴュルツの他の物を買えばよっぽど素直なわけだし、
ゲヴュルツの自然派を飲みたいとかだったらわかるけどかなりニッチだろう。

いや美味しいは美味しいけどね。
ライチ感と言うよりも白い花とスパイシー、やや辛口感がなかなか面白いと思った。






3 Comments

みりん says...""
こんにちは。

ここのところ、面白そうなワインを飲まれてますね。
奇しくも私達も先週末にゲヴュルツトラミネールのワインを3種飲みました(^^ゞ
ゲヴュルツトラミネールは妻が好きなアロマティック品種の一つで、ゲヴュルツの名が示す通りスパイシーな料理に合うものですから、結婚して間もない頃に料理に合わせるのを念頭にした物やワインだけで美味しく楽しめるものなど色々と試してみました。先週飲んだのはチリ、カリフォルニア、ニュージーランドの物ですが、どれも別の表現型で、食中にカジュアルに飲む分には十分楽しめました。
ただ、日誌係さんにお勧めするのでしたら、品種名の由来になっているイタリアのアルト・アディジェ州・トラミン地方のワインを推してみたいと思います。私達が好きなのはケラーライ・トラミン(協同組合)のヌスバウマーと言う畑の物ですが、今までに複数のヴィンテージを飲みましたが、いつも値段以上に十分美味しいと感じられます。華やかで複雑さも楽しめるのにクリーンな印象で、日誌係さんも恐らく好みなのではないかと思われます。
因みに昨年末頃に飲んだ物は2016年ヴィンテージで、これもまだ楽天などで購入可能なようです。

新型コロナで良く行っているワインバーが自粛休業となり、久々に二人でワインを飲んだりしています。またお勧めしたいようなものが思い浮かびましたら、コメントと共にご紹介させて頂きたいと思います。
2020.04.15 15:08 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: みりんさん"

これは良いことを聞きました!

この香り、少し甘みがあることなど気に入ったのですが、これはゲヴュルツトラミネールの特徴だったのですね。
そうなるとおすすめ頂いた物はもちろん、他のものも何本かやってみようかと思います。

しかし今回のコロナ騒動は外飲み派、そしてお店にとって辛い状況ですね。
たまには家でゆっくり飲むのもまた違った発見があって良いかもしれません。
くれぐれもご自愛ください。


2020.04.15 17:56 | URL | #- [edit]
みりん says..."To 日誌係さん"
ご参考になったようで嬉しいです(^^)

他も色々と試されるお気持ちでしたら、是非アルザスのトリンバックのゲヴュルツトラミネールをお勧めさせて下さい。心奪われて陶酔するような感じではありませんが、何時も良く出来ていて感心させられるスタンダードな一本だと思っています。
2020.04.16 19:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3369-30c978a1