FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1365】蒼空 純米大吟醸 愛山 おりがらみ 2019BY

  0   0


純米吟醸のほうがちょっと物足りない感じだったので、再度。
昨年もやってますが、愛山の純大おり。
生をやるならこの辺のおりかなあ、逆に澄酒をやるなら火入れで下半期でもいいなあというのが今のところの感想です、キヌヒカリとかちゃんと美味しかったし。
山田錦ここの造りで今の時期だと少し鋭すぎるかなあというのが昨年の感想だったので、今年は愛山を信じていきます。








きちんと商品化しているので、おりはしっかり濁る量はありつつ、さらっと飲みやすいように調節してあるんだと思います。

すこーしカプっぽい気はしますが問題なし。そんなでもないか。
いつのも色々ある香りですね、リンゴもバナナもあってブドウや少しレーズンみたいな。
乳酸系の自然なコクのある甘やかさ、そしてキレ感へつながっていくから良いんだよなココは。

含んでも物足りなくない程度に甘さも感じつつ、甘すぎはしない。
おりのエキスっぽさはあるが、明るい酸味でサッと飲めて、適度にピピっとキレ。

いいっすねこれよこれ。
酸味にほどほど香りで明るくフレッシュ、おり乳酸系に甘やかさにこの蔵らしいはんなりとした雰囲気も。
山田錦の純米吟醸は少し甘み不足、かつ重く硬くて物足りなかったのですが、これは酸味と甘みも適切で、明るく軽やかに。
香り甘みからキレというかミネラル系の香味、キレへの一体感が良いです。
颯爽とした爽快感、キレのアタックも強すぎずちょうどいいくらい。
飲んでこの蔵かな?と思うようなものがあって大変よろしいお酒になっています。


はい、大変満足しました。
年に2回くらいはちゃんと蒼空飲みたいですね、ほんとは時間があれば伏見に行きたいんですけどなかなか。
難点を言えばコスパは最悪で、蔵元から直販してもらうともうこの500ミリで5000円くらい行っちゃうんだけど、まあしゃーないっすよ。
ワインより安いじゃん、ボルドーやブルゴーニュで満足するのとかいったら2万出さないといけないんだし、たまにはね。
コスパとか言う人は酒飲むなって話なので。2000円で一口飲んで捨てるなら5000円のが良いよ。









Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3371-ac768fba