FC2ブログ

日本酒感想日誌

タトゥーイン2018 マタッサ

  0   0


適当に買った自然派。フランス、ルーション
スターウォーズに登場する砂漠の惑星タトゥイーンをもじった1本。
スターウォーズ大好きおじさん的には嬉しい、エピ7~9はみてないけど。


Grenache Blanc/Carignan/Grenache/Grenache Grisが92/3/3/2でブレンドされたMatassaの最新作。
混植された各々のブドウは樹齢100年を超えるゴブレットのみ。元々はチュニジア移民がオリーブの樹と
ブドウを植えた農園だったそうです。荒廃した放棄農地である、この畑を見てTomの頭に浮かんだのは
映画STAR WARSに出て来た惑星Tattooine。









いちおう赤ワインなんですが、ロゼかともすればオレンジワインかってくらいの薄い色。
香りはかなり華やかでドライフラワー的な香りがはっきりと。

ああ、いいねコレ。
けっこう好きな奴だわ。

甘さを感じる酸味というか、明らかに酸っぱいだけではなく嫌らしくなく甘みを感じ、かついい意味で少し薬っぽいような感じでキューンとくる。
口内がきゅっとくるくらいのタンニンというか収斂性。

甘み、酸味、極軽やかでエキスっぽいと感じさせないくらいの自然な旨味……味わいの一体感が素晴らしくかつアロマティック。
煩くない程度に自然にべりやープラムの甘やかさ、さらにほんの少しスパイス感でこの辺はアナウンス通り。でもちろんさらにドライフラワー。
花や蜜っぽさなどアロマティックで満足感あり。

めちゃくちゃ飲みやすい、進む。
スーっとしみ込んでいくって自然派でもうありきたりなセールストークなんだけど、まさにそんな感触が秀逸で、かつちゃんと香りも味もあります。
まあ薄いのは薄いですがそりゃそういうワインなので、濃いのがいいなら高いのを飲んでくださいという話。
いい意味で水代わりにグビグビ。

これは輸入元が傑作と言っても許されるかな。
こういう薄旨みたいな赤の自然派で不満が出てこないというのはかなり良くできているのではないだろうか。
個人的に梅系といわれる奴が好きじゃないんだけど、そういうのはあんまりないもんね。
甘みが酸味の中に溶けて感じられるのがいいし、あとこのキューンとした感じはちょっとダリオ・プリンチッチとか思い出しました。
嫌みなくどんどん進んでいく、能書きは関係なく飲み物としてハイレベルだと思います。
ちょっと驚きました。

ちょっと困りますね~こういうのだとこれからの時期2本3本セラーにあって全く困らないし他のキュヴェも飲んでみたいけど追いつかないよ。
なんかこんな色の薄さで不思議な感じがしてくる。
ド高級なレストランじゃあれだけど、1万くらいのコースに合わせてこういうのが出てきたらかなり幸せだと思う。
でもこれでも6000円するからレストランでボトルで頼んだらそこそこするのかな、グラスで出しやすいのかこれくらいなら。
こういうのがあるから流行ってるんでしょうね、自然派
まあ確かにブルゴーニュ2万3万はらうならこれでいいでしょっていうのはわからなくはない。

自然派のワインはインポーターの特色が出やすいので、今回のインポーターであるワインダイヤモンズの取り扱いの中で何本かやってみるのも良いかも。


ちなみに、グラスに少し残っていたものを翌日嗅いでも嫌な感じの変化はありませんでした。
ある意味でそこらのヘタなブルゴーニュよりも、ブルゴーニュっぽい一部の要素を引き出してる感じ。







Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3374-24986b78