FC2ブログ

日本酒感想日誌

ヌスバウマー2016 トラミン

  2   0


イナバウアーしか思い出さない。

ゲヴュルツトラミネール
この間やったワインが美味しかったんだけど、そのライチ系の香りが実はそのワインというよりブドウの品種らしくて、読者さんにおすすめ頂いた物を。
ありがとうございます、基本的に忘れなければ日本酒でもワインでもおすすめには1度は乗ります。
なんならウチのこれを飲んでくれとかって蔵元がいればどうぞ。





気のせいかもしれないけど、かなり輝きを感じる見た目。
アロマティックだが、そこまで思い切ってライチとかそういうわけではない。
寧ろハチミツと、花はバラはバラでも白とかあるいはユリ、花と言ってもフレッシュで少し青さがあるような所、いやでもやっぱりライチしますね。


あーこりゃ確かに同じ品種だわ。
アロマは言うに及ばず、なんというか後半の苦みというか、少し花のむせるような感じと言ったらいいのか、そういうのがね。
嫌な人はこの辺が嫌なんだろうけど、僕は逆にフラワリーで好き。
ここまではっきり違うってのが凄いよなーそりゃそうか。ピノノワールとかもはっきり違うし。


なかなか良いですよ。
リッチ、ややオイリーで弾力のあるようなテクスチャ、滑らかなタッチ。
仄かに甘みを感じさせつつ流麗な酸、そして少し塩気があるくらいにミネラル感もチリチリと、ふくよかさ懐の広さやゆったりとした広がり感じて安っぽさはないですね。
余韻は長く、かといって日本酒でいうキレ感みたいなものも鮮やかに感じます。
もちろんアロマティックで、豪華絢爛と言っていいくらい。
5000円しないので、こういうのこそちょっとした集まりなんかで持っていって喜ばれるワインなのかもしれません。
厚みもあって凄くしっかりしているので、ゆっくり寝かせても大丈夫そうな感じもします。

しかしやっぱりこの香りは良いね、わかりやすく毎日は嫌でも確実に欲しいタイミングの時がありそうでこの品種はセラーに1本くらい入っていてほしい。
香りに感じる甘みも、舌に感じる甘みも茫洋とせずにコントロールが利いていて、アロマの楚々とした要素や酸味とのバランスがいい。
あとはおそらくなんだけど土地からのものなのかある種の冷涼さがあって、こういうのを飲むとイタリアの北部とかスイス、オーストリア、そしてドイツあたりの雰囲気も面白いのかなと思わなくもない。


うっまいですね。
五味香りなじみが良く、嫌みなくサクッと。
かといってペラかったり、尖り過ぎても無くて、万人受けしそう。
アロマも品よく、ライチ、続いてライラックの花、マスカットにパイナップルなんか、あるいは梨。
飲んでいて楽しい。


ここ数本怪しい自然派的なワインだったので、優劣ではなくて表現は違いますね。
ツルピカで、ちょっとくぐもった酵母的なエキス感とか濁りのワインとは表現がちょこっと違う。
一方でじゃあ全然違うってわけじゃなくて品種の特性は明らか、またどっちがいいというわけではなく両方とも気持ちの良いときがありそう。
味わいってのは絶対的なもんじゃなくて気分との調和だから、特にこういう趣味のものはね。出来不出来はあるけど一定レベルにあればね。あと超絶凄いのは凄いけど。
あとはここにテロワールの表現がどう絡んでくるかくらいか。ちょっとそこは俺はまだよくわからん。
そりゃまたピュリニーの1級とかとはそれはそれで表現が違うけどね。

ぶっちゃけ日本酒に飽きてるせいもあるが、これくらいのワインでも探せば普通に楽しめちゃうな。
探すのが大変というだけで。
けっこう深刻に日本酒に飽きている(笑)
酸っぱいのは嫌なんだよ、日本のワイン好きだと結構酸っぱいのが好きな人が多いみたいだけど。
かといってただ甘いだけでもあれだからめんどくさいんだけど。
あとは日本酒とは同じような要素もあれば、全く違う味わいもあるからね。

次にゲヴュルツならアルザスに戻ってマルク・テンペとか、あるいはイタリアでエレナ・ワルヒ?
ゲヴュルツ警察とかいておすすめしてくれたらいいんだけど(笑)



2日目。
今日も行けますね。
完全ライチ香に少し酵母っぽいような旨味も出ているでしょうか。
生花のようなアロマを感じさせつつ、酸と辛口のフィニッシュ。
アロマはともかくとして、全体の味筋とかは田村なんかはかなり似通ったところもあり全く負けていないとは思いますが。
こうなるとグート・オッガウのエメラムは同じくらい、どっちもよくできてるかなと思う。


おそらくこのワイン自体出来が良いというのもありますが、香りという明らかな特徴があるのでこのクラスで嫌みが無ければ楽しくて需要があるなと思います。
ミネラル感もホロホロ、けっこう精緻に来ますね。
満足感は高いと思います。
シュナンブランとか、あるいはへぼいシャルドネなんかよりよっぽど好みかもしれません。

2 Comments

みりん says...""
さっそく試して頂き、やっぱり気に入ってもらえたようで良かったです。

こういうのを飲むと一部で持て囃されているフルーティーな日本酒は本当に飲まなくて良いように思いますね。

こうした複雑な深みは無くとも、果実味が綺麗に表現された新世界のワインには安くて美味しい物が有りますよ。(安過ぎて最初のうちは手が伸びないような物の中にも)
私もワインを飲み始めた頃は高額でも美味しいワイン(ブルゴーニュの特級畑の物やプレステージシャンパン等)を探して飲んでみるのが中心で、価格を下げるとそれなりに満足度が下がると感じていましたので、なんとなく現在の日誌係さんのお気持ちは察する事が出来ますし、まだ高額な名品が気になっているうちは一通り経験された方が良いかとも思いますので、また頃合いを見て必要が有ればお勧めさせてもらおうと思います。

ところで、ゲヴュルツトラミネールと同様に妻が好きで色々と飲んだアロマティック品種にヴィオニエと言うのがありますが、これも日誌係さんが好きな方向性の物が多いように思います。上級品でしたら、最近は飲んでいませんが、ギガルのコンドリュー・ラ・ドリアーヌは価格はそれなりで安定度の高い名品ですので、是非一度お試しください。私もこれを機に久しぶりに購入して飲んでみようかと思っています(^^ゞ
2020.04.23 19:43 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re:みりんさん"

これは良かったですね~ワインに関する知見が広まりました。
ありがとうございます。

手を出しやすい価格帯ですが、品種の特徴は鮮やかに、嫌みなく良いワインでした。
また品種でこれだけはっきり違うというのも改めて勉強になりました、ちょっと日本酒の酒米の感覚とは全く違いますね。
メジャーなところはワインをやるうえで飲まなければいけないと思っているので上から飲んでいますが、次第にすそ野を広げていってこういうワインをピックアップしていけると良いんだろうなあと思っています。

ヴィオニエですか。
ローヌは赤も白もちょうどやりたいなと思っていたのでありがたいです。
頭に入れてチェックしてみます!









2020.04.25 03:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3385-274b9412