FC2ブログ

日本酒感想日誌

エヴィダンス2008 レ・カイユ・デュ・パラディ

  0   0


ロワールの鬼才とか言う触れ込みの自然派の人で、一部では人気とか。
アペラシオン的にはトゥーレーヌですが名乗らずに(名乗れずに)ヴァン・ド・フランスというこれもまあこの手ので良くある話。
ムニュ・ピノ100パーとのことですが、これはロワールの土着品種みたいですね。
500ミリで結構しました、10000くらい。





少しオレンジっぽいような色あい、輝きアリ。

オレンジ系なのか?
やや酸化的な香りでシェリーっぽさなんかが出る。
変わった花のハチミツ、紅茶、アーモンド。
そこに杏の甘酸っぱい感じと。
独特のニュアンスはなんて言った良いか難しい、少し梅っぽいような感じ、苦みというか腐り系の気品?
でもアーモンドの甘さあるな。


うーんこれは正直あんまりよくわかんない。
集中力のある酸味が強く、その周辺にほんの少し残糖というか貴腐っぽいような甘みの雰囲気があるのか。
独特の酸化熟成的なブーケは嫌いではない、あー薬っぽさもあるから、やっぱりフリウリのオレンジワインとかあの辺が近そうな味わいになっているのか。
塩気のあるような味わいでのフィニッシュが長い余韻。

素直に美味いかって言われるとちょっと首をひねりたくなるような気もするけど、確かに開いてくるとなんとも言えない滋味。
ブーケは面白く、そこにキレ感のある酸味と甘みエキス酸化感と合わされば、まあこれはコレでというようなポイントはなくはない。
進むって感じじゃないけど、そっち系と聞いた上でちょこっと飲む分には。
そんな感じ。

まあこのなんだかよくわからない酸化熟成っぽい香りに、ふんにゃりした液性ではそらAOCがどうのとかいうお酒ではないでしょう。
普通の赤っぽいやつはまた全然違うのか?
やっぱり適当に変なものに手を出せばいいというわけでもないな。













Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3390-83f39abd